トルコ大使館 「エーゲの夕べ」レセプションへ。

駐日トルコ共和国大使アフメット・ビュレント・メリチ閣下にお招きいただき、3月8日(水)トルコ大使館大使公邸開催の「エーゲの夕べ」レセプションへ。レセプションでのお料理は奥田政行シェフが監修されました。会場には溢れんばかりのお人でとても華やか。大使やご関係者皆さまからご挨拶と乾杯のお言葉を頂き、 着々と準備が進む中、 トルコ食材、エーゲ海の魅力をふんだんに活かしたお料理をご用意頂きました トルコ料理と言えば「世界三大料理」のひとつ。豆、野菜を活かしたお料理には日本と通ずる愛情を感じます 酸味のきかせ方が日本より華やかかしら。これはいわゆるインゲンのサラダ ヤプラック サルマス  松の実やスグリが入ったピラフ。ブドウの葉で巻いてあります。お米を葉っぱで巻く、という感覚も日本の郷土料理に多いスタイル。おいしいビュッフェ形式で続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする