直島に行ってきました(その1)島まるごとアート島歩きああおもしろかった

直島に行ってきました。

 
{548052CA-8027-4090-987E-7E381FBB926E}

島にはいろんな人がいますね

 

image
宮浦港に着いて最初に目に飛び込んで来るのがこちら。赤かぼちゃ
草間彌生さんの有名過ぎる作品そもそも「直島」とは?
 

ベネッセ(福武書店)さんがCIとかメセナ全盛期の時代、1985年から初めた地域アートプロジェクトの拠点で、安藤忠雄さん設計の様々な建築などで有名になった。

いま、調べ直していたら、最初は美術館をつくって作品を買い、それを展示する旧来のスタイルだったのが、

1996年のサイトスペシフィック・ワークへの方向転換が大きな転機のようです。

単に作品を購入して展示するのではなく、アーティストを招いて「直島にしかない作品」を制作してもらい、完成した作品はベネッセハウス内外に永久展示するコミッションワーク形式によるサイトスペシフィック・ワークへと方針を転換します。

 

そこから地域、島まるごとアートプロジェクトが始まり

地域トリエンナーレの先駆けとなる

安藤忠雄さん作品や草間彌生さん作品、ジェームズタレル作品でも知られる

3年に1度のトリエンナーレ「瀬戸内国際芸術祭」は去年2016年に開催

 

image

 

草間彌生さん赤かぼちゃの隣に立ってみた
 
image
赤かぼちゃの中に入れます。
外から撮ってくれたのは姉

 

日本一派手な銭湯の名を持つアイラブ湯❗️

世界一アートな銭湯〜。
「ゆ」の赤い文字が天にそびえます
 
image
510円で実際に銭湯に入りました。(中は撮影NG)
大きな天窓から空の明かりが差し込み、壁もは白ですっごく明るい開放的な銭湯。
大きな象のオブジェが男女を分ける壁の上にそびえています。
土曜日の17時ごろだったので混んでいないか心配だったけれど
びっくりするぐらい空いていました。
私たち以外入れ替わりながら3〜4人いた程度で、
湯船に浸かるときは、見事に姉と2人きりだったのでラッキーでした。
 
image
お風呂上がりに姉が、玄関の番台の奥さんに「いいお湯ですね〜」と声をかけると、
そばで掃除などしていたご主人(おそらく)も寄ってきて、
(直島は香川県なのに)水道は岡山から(海底トンネルだったかで)引いていること、
よその県に水を分けるなんて普通なかなかないのに、ありがたいことだ、
香川はいつも水不足で丸亀あたりは大変なのに、だから直島は水には困らないんだと話してくれました。
そうなんですか〜、岡山の人やさしいですね〜〜。
「いい湯だな」と何気なく発した一言から、
想像以上の香川県の水(不足)問題を知ることとなった。
これぞ旅!
旅、サイコ〜〜!
 
{B10ED609-8BC2-45DF-9871-9D92253ABF33}
銭湯がえりの人々
 
image
夜ごはんは、宿のくらやさんがおすすめと教えてくださった
田んぼの中のカフェレストラン中奥
 
image
乾杯したのは父と姉
じつは人生初の親子3人旅であった
高知の祖母が1月になくなった
1/17 94歳だった
その納骨がなぜか高知ではなく香川の霊園であり
親戚一同14人が集まった
せっかくなので親子で一泊しようということになり、わたしが兼ねてより行きたかった直島行きを計画
74歳の父と、一つ上の姉を巻き込んだのであった
 
{59B98F3D-F2DA-43B9-92CA-D6539F3EFDD8}
瀬戸内のタコのソテー
 
image
しずという魚
 
image
父がカレーを食べたいと言った
 
{2658E099-E50A-40A1-883E-AB739368BA8D}
姉と白ワイン
 
image
宿の目の前の港で2次会をした
noble
 
image
朝です。
すがすがしい直島の朝です。
朝ごはんを食べて9時に出発!
泊まった宿は ギャラリーくらやさん
8畳の和室におふとん3つ敷いて快適に休みました。
写真を撮りそびれてしまいましたが昔懐かしい日本家屋です
アーティストインレジデンスを受け入れているそう。
この日もわたしたち変な親子以外、2組の欧米人客がいた。
どちらも一人旅らしかっった
島中とにかくインバウンドだらけでした
 
image
どの家も板塀、しかも焼いた板塀なのである。
これが気になった(後でまた書きます)
高松港フェリーターミナルで道を訪ねた時にもらったこのエリアマップめちゃくちゃ役に立ちました。
 
image
つつじ荘というバス停のそば
鳥居がなぜか砂浜に埋まっている
ここから先はマイカーでは入れません
車を公共無料駐車場に停めて散策のはじまりです
 
image
草間彌生さん2作品目。
黄色かぼちゃ
写真撮る人の順番の列ができています
 
image
かぼちゃの気持ちになりました〜。
前に写真撮ってた欧米女子が座禅で撮ってたので真似してみた。
 
imageimage
ベネッセハウスパークにてショップやカフェもあります
 
image
シャトルバスも30分〜2時間おきぐらいにやってきますが
黄色かぼちゃからベネッセミュージアムまで歩いて10分というので歩く
直島って南国〜
 
image
ここがベネッセハウスミュージアム(のバス停〜)
 
 
いよいよ ベネッセ美術館と
地中美術館へ
 
つづく
 
直島町観光サイト
 
 
ベジアナ˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚あゆみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする