香川へ食材探求⑤ 「ヤマロク醤油」さんで感動したこと | ごちそう♡さがしドットコム

香川へ食材探求⑤ 「ヤマロク醤油」さんで感動したこと

ヤマロク醤油さんに、6年ぶりに再訪、5代目山本康夫さんとも再会できましたhttp://yama-roku.net/index.html ヤマロク醤油さんの創業は江戸時代の終わり頃~明治の初め頃。醤油屋としては昭和24年で、それまでは醤油を搾る前の「もろみ」を卸販売する「もろみ屋」だっとか。 今は、ひっきりなしにテレビ放送や世界各国からもお客様がお見えになる醤油業界ではかなり知られたお方のお一人です。その魅力は出来上がった「木桶仕込み ヤマロク醤油」そのものであり、山本さんのお人柄「木桶仕込み 醤油」への熱意! 。。。。。 現在小豆島には大小20軒弱(明治の最盛期は大小約400軒)の醤油メーカーがあります。そのうち「木桶」で作っているのはわずか3軒のみ。この素晴らしいお醤油と木樽をいかに後世に伝え続けられるか・・・ 以下、五代目山本さん曰く▽ヤマロクのもろみ樽は、三十二石(約6000リットル)の大杉樽を使っています。一つ一つが手作りなので大きさは多少違いますが、直径約2m30cm、高さ約2mの大杉樽が40樽。半分の大きさの樽が17樽あります。 木造平屋で床は土間、壁は土壁。見た感じボロボロですが、そこがポイント。実は樽以上に、梁や土壁、土間の中には百種類という酵母菌や乳酸菌たちが暮らしている樽職人さんの目利きでは、使い始めてから既に150年以上経過しており、大切に使えば孫の代まではなんとか使えるとのこと。ただし産業構造の変化から杉樽職人が激減していることが未来の大きな不安材料でもあります醸造用の木桶を製造する桶屋さんも残すところ「1社」のみとなりました。 このままでは日本の伝統文化が消えてしまいます。どうにかしなければなりません。△△△このお話は6年前にも仰っていたのですが、、 どうにかしなくては・・・ そこで2009年に可能な限りの借金をして桶屋さんに「新桶」を9本発注されました! 周りにはアホ扱いされましたがね。笑 と、山本さん その時桶屋さんから言われた一言が強力で。「醤油屋から新桶の発注が来たのは戦後初だよ。」・・・減少に向かう木桶仕込みの醤油、どうにか続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス