②ベルギー・ブリュッセル4泊6日で、私が食べた・行った・した事7つ | ごちそう♡さがしドットコム

②ベルギー・ブリュッセル4泊6日で、私が食べた・行った・した事7つ

ブリュッセル首都圏観光投資局さんのお力添えで、ベルギー・ブリュッセルに4泊6日で行ってきました。感謝♡ 食べた・行った・した事ご紹介しています。前回の記事はこちら→https://ameblo.jp/i-kitchen/entry-12309592137.html3.工場・工房見学行きました①ベルギーと言えば、ビール!そう思い浮かべる方も多いでしょう。行ってきましたよ〜。とはいえベルギーには醸造所だけで120カ所、銘柄も700種類〜1500を超える銘柄があるそうで全制覇なんてきっと無理ですが、ポイントを抑えつつ3カ所廻ってきました。●ブラッセルズ ビア プロジェクト(略してBBP)さん生化学と醸造学を学んだSébastien Morvan 氏とOlivier de Brauwere氏のお2人が立ち上げられ、 ベルギービールの伝統を重んじつつ「クリエイティブ」で「クラフト」なビールを造る、世界から注目されているブリュワリーです 入口入ってすぐはバー。奥に製造所とコミュニケーションスペースがあります多くの醸造所を訪ね、失敗を重ねながらもクリエイティブなビールを造りづける・・・ 飲み比べてわかる、ほんとベルギービールは奥が深い〜例えば冷やさない方が美味しいビール、温めて飲むビール、スパイスで味付けされていたり、フルーツ味、チョコレート味、etc 色も白から黄金~茶~黒まで ところで、そもそもベルギービールとは? ということで♡おさらい♡ビールの多くは「ラガー(下面発酵)」というタイプに分類され、特に日本では「ピルスナー」というスタイルが主。一方、ベルギービールは「エール(上面発酵)」「ランビック(自然発酵)」など馴染みの少ないタイプが多いです。日本では淡色(黄色)にホップの苦みとさっぱり後味が多いのに対し、ベルギービールは多種多様!そんな体感をさらに2店めでも実感▼●マイクロブリュワリー moederlambic へマイクロブリュワリー(小規模な工房)とはいえ、常時店頭にも50種弱のビールがあり、ブルーパブ(ビールをその場で造り提供するパブというイメージでしょうかそして地下には確かな品質のビール工房が!原料へのこだわりや季節変化への意識も高く、熱く語っていただきながら8種を飲み比べ人間の味覚には「甘・塩・酸・苦・辛」最近では「うま味」も入り、食感、のど越し、香り、温度感を加えたら実に多種多様です。ベルギービールはそんな感性を色んな角度から攻めてくる〜 私はどうやら「甘・苦・冷」のビールが好きみたい。桃のビールとか冷えてて泡がいっぱいの。あ、ベルギービールはそもそも泡立つものが少ないです。日本では注ぐときに液体と泡のバランスを考えるほど発泡性を重要視しますが、その文化はあまり感じられませんでした続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス