東京のどまんなかにできた都市型牧場!大手町牧場で家畜を知ってもらいたい | ごちそう♡さがしドットコム

東京のどまんなかにできた都市型牧場!大手町牧場で家畜を知ってもらいたい

東京のど真ん中に大手町牧場ができました。

 

 

生き物だから、出すもの出すよね〜〜。

 

 

 

豚も山羊もいます

 

 

 

餌やりで山羊にびっくりする大臣

 

 

 

 

斎藤健農林水産大臣も駆け付けてお祝い。

「東京大手町のビル13階の牧場はいかがですか〜」と質問したら、

「びっくり‼️酪農人口が減る中、新しいアプローチに期待したい」とのことでした。

 

 

 

開校式です

 

 

パソナグループ #京丹後 #丹後王国 の運営です

伊藤社長

 


 

東京の都会の人向けにはじめる酪農と食を考える拠点としての牧場。

まずは単発の牛乳・乳製品についての講座から酪農、畜産、農業に親しみを持ってもらおうという取り組み。

東京駅のすぐそばにある牧場!

これから話題になりそうです❣️

 

 

 

農水省 畜産振興課の関村畜産技術室長のレクチャー

 

 

 

 

 

 

小鹿野町のログハウスの酪農家吉田さん。



 

牛がお乳を出すのは出産したからなんだよ。と、出産シーンを丁寧に解説。

逆子を人の助けで救いだす映像。

命の誕生にじ〜〜ん。

 

 

大手町や丸の内のビジネスマン、都内近郊の学生や若い人達が、会社や学校帰りに大手町牧場で酪農講座を受け、そこから酪農家が誕生したらすばらしいですね〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 


 

「酪農」と「食」を学ぶ総合的な人材育成プログラム

9月22日『大手町牧場学校』開校式

 

株式会社丹後王国(本社:京都府京丹後市、代表取締役社長 伊藤真人)は

地域産業の担い手となる「酪農」分野の人材育成や、健康的な食生活を送るための「食育」に関する人材育成プログラム『大手町牧場学校』を開校

 

今年8月、パソナグループJOB HUB SQUARE(東京・大手町)に生まれた大手町牧場。

大手町牧場では牛、豚、ヤギなどが飼養され、動物とのふれ合いや様々なセミナーを通じて、酪農をはじめとする農業分野への興味・関心を高めるのが目的。

この度開始する人材育成プログラム『大手町牧場学校』では、

酪農分野での新規就農を目指す方や酪農経営に携わりたい方、

経営発展を志す酪農者などを対象に、「食」を通じて酪農について学ぶ講座や、新規就農や酪農経営を学ぶ講座など、酪農に関する総合的な人材育成カリキュラムを提供

 

ビルの中で飼う家畜。

ご意見あるかもしれませんが、それぐらい酪農、畜産の後継者問題は

起爆剤が必要な状況に来ているとも言えます。

まずは見守りたい。

 

取り急ぎニュース速報〜〜

 

 

ベジアナ@畜産アナ・あゆみ

 

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス