⑤うらら白山秋祭り 「どんじゃら市」で甘いもの〜/食べあるキング in 白山市 | ごちそう♡さがしドットコム

⑤うらら白山秋祭り 「どんじゃら市」で甘いもの〜/食べあるキング in 白山市

食べあるキングで食材探求の旅〜4人で石川県白山市に行きました。 うらら白山秋祭り「どんじゃら市」で白山の名産を探求中。今回は「甘いもの」を♪(ご飯ものは前回ご紹介→記事クリック) 。。。。 白山の甘いもの食べよ〜♪ ●ねんぐわじ饅頭/護摩堂生産組合「ねんぐわじ」とは→ 昔、法事や子どものお菓子として各家で作られていたお菓子で、さつまいも・丸いも・栗・米の粉を練り合わせ蒸してあります。栗芋Lover♡の私は見逃せません。素朴でおいしいです。 お次はこちら♡●とち餅/越原甘清堂一言で言うと、あく抜きしたトチの実をもち米と一緒に蒸したお餅。実際作ると、とても手間暇かかるお菓子です。というのも、トチの実は、植えてから実がなるまで何と30年を要します。とれた実はアクが強く、アク抜きしてお餅を作るまでも2週間以上かかります。 「原木は30年以上前のもの・・・(しみじみ感謝)」平地が少ない山暮らしでは、お米が多く採れないため、主食にトチの実を食べていたそうです。伝説では白山の開祖、泰澄大師がトチの実を食べる法を教えられたとか。とても大事な食べ物だったのですね。 白山麓一帯には今もトチの木が多く育っています。6月頃には白い花をいっぱい咲かせるので、その頃来るのも楽しそう。 白山で、とち餅。スローフードの代表的なお菓子かも♡ 甘党の私。白山の甘いもので真っ先に思い浮かぶのがコチラ ●あんころ餅/圓八(えんぱち)これです、これこれ〜♪あんころ餅〜♪ 北海道産小豆と、石川県産「かぐわもち」のもち米です。こだわり製法で作られ、最後の竹皮包みは全て手作業だそうです。(HP画像より→http://www.enpachi.com/user_data/howto.phpあんころ餅は白山の名産の一つとして知られ、例えばこんなコラボも♪ 不二家「カントリーマアム あんころ餅 味」北陸限定販売です「ホント!あんころ餅の味〜!」1枚食べてそう思いました♪お店の皆様と〜  「あんころ餅のお持ち帰り用は平らですが、お店では「まんまる」で食べ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス