カレーツーリズム北海道 その2 カレーツーリズム。 | ごちそう♡さがしドットコム

カレーツーリズム北海道 その2 カレーツーリズム。

カレーツーリズム。それはなんなのか
気持ちに任せてガリガリと書いたいくつか前のエントリーですが、まあ、読み返すと取り止めがない。さっぱりさせて書き連ねるとこんな感じです。

あれ、あれ、さっぱりって行ったのにこんなに項目数が、、、

イメージ 1


・カレーで旅するカレーツーリズム。

・好きなごはんのために旅するのがボクの〇〇ツーリズム。

・遠くても隣町でも自分で旅と決めたらカレーツーリズム。

・旅してカレーを食べても食べただけじゃカレーツーリズムにはならないよ。

・カレーを食べて、その成り立ちや味に思いを馳せたらばそれはカレーツーリズム。

・思いを馳せたら隣町のカレー屋さんでもおうちカレーでもそれはカレーツーリズム。

・食べて、知りたくてコックさんに思わず話しかけたらそれはカレーツーリズム。

・食べて、感激して、農家の人に感謝を伝えたくなったらそれはカレーツーリズム。

・食べて、感激して、牧場の人と握手したくなったらそれはカレーツーリズム。

・食べて、感激して、漁業の人に手を合わせたくなったらそれはカレーツーリズム。

・食べて、どうしても畑を見たくなって出かけるのがカレーツーリズム。

・源流を知りたくてインド行きを決めるのもカレーツーリズム。

・カレーが好きすぎてヒンディー語教室に通うのがカレーツーリズム。

・本当はヨーロッパにもカレーがあるんじゃないかと疑い始めたらそれはカレーツーリズム。


そういう感じだと思うんです。

遠くに行く事、いわゆる旅行先で食べる事がカレーツーリズムではないんです。場所はどこでもいい。その料理に興味を持って、何かを思ったり考えたりして、そこから何かが始まるのがすでにカレーツーリズムの途上にあると思うのです。

今の時代、きれいに2つに別れてしまっているのが「食への興味」だと思っています。
かたや一食300円でランチが済んでしまう事に疑問を持たず、なにを食べているのかもわからずに食事の時間を終えてしまう人。
かたや、食事を吟味し、知識を深め、より自分の求めるものを手元に引き寄せようと調理技術を極めたり外食食べ歩きに身を捧げる人。

ところがわりと両方のに共通してしまうのが「今、自分はなにを食べているのか」という事を意識していないという事。目の前のお皿の上のものがなんなのかに興味がない人が多いようなのです。
いえ、料理の種類でもなければ使ってあるスパイスの話でもないんです。素材そのもの。素材の面白さとその素材が生まれてくるバックボーン。こういうものに興味を持たない人が多いようなんですね。昔からそこまで考えるひとは多くなかったという意見もありますが、でも少ないのが事実で、色々な事を見ていると色々まずい方向に向かっているとき気を感じてしまうんですね。

例えば例のモンサントのこわい操作をされた種と農薬のセットの話とか。温暖化や気象異常のこととか。ワインの産地が変わったり、同じ漁場で取れる魚が大幅に変わったりとか。日本にいる外国人。移民ということばを使うとみんな怖がるんだけど、日本はすでに立派な移民の国であるということとか。チェーン店のあまりの台頭に日本の食文化の常識が変わってきていることとか。おばあちゃんもお母さんもやってくれていた家族や相手の体や様子を見て料理を作る、味付けを変えるという当たり前の文化が消え掛かっていることとか。

これら全てが環境学、歴史、経済、色々な場所が食につながっていて、興味を持てば持つほど真実が見えるんだけど、だけど。

そんな思いが最近強く湧き上がっていて。
で、今までボクがやってきたことって何かというと。

「入り口を作ること」

でした。
カレー、もはや日本料理であり世界料理であるカレーというもの。この広くて曖昧なカレーというものに興味を持ってもらって、そういう人が増えて行くといいな、というスタンスで。あまりマニアックに難しくならないように意識をして。味の好みは千差万別、だからカレー好きのおじさんがバタバタと面白そうにやってるな、と思ってもらってそこを入り口にしてもらって皆さんが自分のカレーを見つけてくだされば。そんな事を知らぬ間に意識するようになっていました。

インドカレーが好きで、タイカレーも良くて、でもやっぱりジャパニーズカレーライスが良くて。そんな事をもう何周もして、たどり着いたのは、

「その土地、その場所の食材と水でその場所だけの料理を作ればそれが一番美味しくて、体にも良くて、流通や生産に負担がない」

という事。
それはつまり「富山はおさかなおいしいから富山で食べようか!」などと気がつく事なんです。そして「じゃあ東京で美味しいものはなに?東京とその近くで取れる美味しいものっていいんじゃない!?」と気がつく事。「東京で食べてるこれ、十分美味しいんだけど現地に行けば多分もっともっと美味しいよね!」と想像すること。

色々な場所で色々な人がそんな風になって行くと色々といいのじゃないかなあ、と思っています。

カレーツーリズムはカレーを食べて、興味を持って、そのカレーがなんで美味しいのか考える事です。
カレーというスタイルだけじゃない、カレーを調理するシェフの腕だけではない、一次産業の生産者さんたちのこだわり。牧場で「牛は 牧草が要。だから土からやってます」という言葉に素直にスゴイ!と思って手を合わせていただきますをする心。
それとカレーってどこからやってきてどこへ行くんだろう、と目の前の皿から想いを馳せるロマンの心。その二つでできています。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
                 (@を小文字に書き換え願います)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書カレーの本が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス