カレーですよ2405(大久保 ビンタンバリ)良い味、良い店。現地風。 | ごちそう♡さがしドットコム

カレーですよ2405(大久保 ビンタンバリ)良い味、良い店。現地風。

大久保駅のそばに面白い店を見つけました。
インドネシア料理は久しぶりだなあ。



カレーですよ。



そろそろ12月ですね。
寒いし、ちょいと忙しいしあ~あ、なんて思っている人も多いかもしれません。ボクもそんなことを思いながら新宿三丁目の駅の階段を上っていました。

イメージ 1

靖国通りに出るとさっさと諦めがついてしまいました。靖国通りを渡った向こう側。数ブロック向こうまで続く人の行列。ちっとも進んでいません。この日は二の酉。そこに休日が重なって、熊手を買うどころではないようです。花園神社は諦めよう。今晩遅くに浅草に行こう。22時ごろに鷲神社、そうしよう。それでダメだったら今年はなしかなあ。

さて。どうしよう。

歩いて新大久保までやってきました。
グリーンナスコをちょいとのぞいて、大久保駅の方面へ。

イメージ 2

ちょいと半端な夕方近い時間。とはいえお腹も空いていました。ぶらぶら歩くと大久保駅のガードの真隣の雑居ビルに看板がかかっています。足元には立て看板。どうやらここの3階にはインドネシア料理の店があるようだねえ。ここ、知らなかったな。大久保もご無沙汰だったから。ちょいと入ってみようかしら。


「ビンタンバリ」


という名のお店です。階段で2階の不動産屋さんを通り過ごして3階へ。木の扉の向こうにはコンパクトだけど快適な感じのお店がありました。

イメージ 4

日本語の上手な気のいい青年がホールに出て接客をしてくれます。キッチンには女性のコックさんが。あ、なんか、期待しちゃう。
アジアのレストランで女性のコックさんがいるお店ってなんか美味しいものを出してくれるんですよね、経験的に。プロのレストラン料理ができる女性シェフももちろん多いのですが、男性にはできない伝統家庭料理というものを女性は待っている。それが功を奏す事が多いという感があるんですよね。

さて、楽しみだ。

イメージ 3

品書きを眺めていると「カレーは好きですか?」と彼の青年から声がかかりました。頷くとベベックゴレンセットがおすすめですよ、とリコメンドをもらいました。
そりゃあもう受けて立ちますよ。


「ベベッゴレンセット」


ください。

写真がないままに頼んだベベッゴレンセット、調べるとどうやらあひるごはん、という意味のよう。さて、どういうのがやってくるのかしら。

イメージ 5

店内を見回すと、決して広くない店内を壁とガラスで仕切り、完全な分煙を実現しているんですよね。これすごいな。こういうタイプの、しかも決して広くはない店でこれは、なんというかモダンな考え方の店で、現代的だなあと思います。とにかくボクにとっては快適な環境でうれしくなる。いいですね。

さて。

出てきたワンプレート。これです。
あひる肉はものすごく大きな骨つきでそのビジュアルに嬉しさがこみ上げてきます。
なんか圧倒されるねえ。大きいねえ。

イメージ 6

イメージ 8

おや、カレーらしきものはないな。別皿で来るのかな?すると彼が「これがカレーですね」と指を指してきました。おお、なるほど、彼はサンバルをカレーと見立てているわけだ。なるほどなるほど、それ、面白い。日本人的にはちょっと違う、渡欧人も多いかもしれませんね。
サンバル、南インド料理の野菜煮込みではなくて、インドネシア、マレーシア、シンガポールあたりの調味ペーストの方のサンバルです。干しエビと唐辛子の辛味調味料とでも言いましょうか。そちらのことです。お店や家庭でそれぞれ味に特徴があって楽しいものです。

ボクは今はなき高田馬場の「大地の木」のアスリーさんが作るサンバルが大好きでした。ここのは方向性は違えどあれに匹敵する美味しさ。フレッシュ地理の効き具合が実にバランスがいい。おいしいなあ。

イメージ 7

彼から見込まれたのか「手で食べると美味しいですよ!」というお勧めがきましたよ。うふふ、久しぶりの手食で行きましょうか。最近はカメラも使うしiPhoneもね、ということで手食してませんでした。

あっ!うまいぞ。
あひるは皮がパリパリに仕上げてあって、噛みちぎると中の肉からよい脂がたくさん流れだして大変にいい匂い、いい味がします。味付けは薄くてシンプル。ここに先ほどのサンバルをつけて食べるわけですよ。えらいうまいよこの組み合わせ!

ごはんにはフライドオニオンが乗っていますね。さっき大盛り無料だよって言ってもらったけど、ここは普通で。添えられたもやしと青菜の上には串焼きのサテでご存知の甘いピーナッツソースがかかっています。これまたいい。いいねえ。これと辛いサンバルを混ぜたりするのもいいんですよ。楽しい!楽しい!そいつをごはんと混ぜて一緒にやるのもいい。

イメージ 9

こんな感じで手を使って混ぜたりつけたり突っついたり。楽しみながら食べて行くわけです。とても楽しめるワンプレートだよこれは。いやいや、満腹です。

落ち着いたところで彼に聞いてみると「うちのセット料理はコーヒーもサラダもつかないけどその分やすいし料理、素材につぎ込んでいるんだよ。だからこの内容で1200円、サラダとコーヒーつけるよりいいでしょう?」と胸を張ります。いやおっしゃること、いちいちごもっとも。お客さんの満足を第一に考えてるねえ、それ。

イメージ 10

なんだか色々とうれしくなることがいっぱいのお店です。
お隣ではちっちゃい子を連れたインドネシアンのお母さんが食事をしながら声をかけてくれたりしてね、これまたほっこり。おいしですか?辛くない?って。楽しいなあ。

バリは新婚旅行以来だけど、あたらめて行ってみたい場所。そしてバリじゃなくて本土のジャカルタにもマーケットやレストラン、いろいろな食についての場所を見に行ってみたいですね。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
                    (@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書カレーの本が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。     https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス