スィーツ番長 | ごちそう♡さがしドットコム - Part 4

「 スィーツ番長 」一覧

NO IMAGE

赤貝が海胆を枕に、食べてごらん、美味しいよ…と濡れてるねぇ。:板前でソムリエ店主の…

赤貝が海胆を枕に、食べてごらん、美味しいよ...と濡れてるねぇ。 : 板前でソムリエ店主の 祇園にし : 肩肘はらず、お値打ちに京料理を堪能できる! 冬場トリュフをまぶした和牛の青山椒ソースは美味しかった。もちろんお造りや椀もの、八寸も。 締めにはプリンが出たのには驚いたが、店主はパティスリー続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

平日でも100分待ちと言われる、きな粉スイーツ専門店 吉祥菓寮。世の中、こんなにきな粉好き…

平日でも100分待ちと言われる、きな粉スイーツ専門店 吉祥菓寮。世の中、こんなにきな粉好きがいたとは!隣のテーブルも奥のテーブルも、一眼やミラーレスで撮る本格派!すごい😲 きっと隣の子らも、このパフェをインスタアップするんだろうなー。ある意味インスタ女子の聖地でもある(笑) でもでも、このデザート決してインスタ映えに存在しているわけではなくて、「きな粉」にフィーチャーしたお店らしく味も本格派。とにかく自家製の焦がしきな粉が美味しい。テーブルの上に、この焦がしきな粉が入った容器が置かれていて、かけ放題、追いきな粉し放題の無法続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

またらやらかした!今度はペリゴール産冬トリュフエッグの玉子サンド!!炭火で焼いたパンで、…

またらやらかした!今度はペリゴール産冬トリュフエッグの玉子サンド!! 炭火で焼いたパンで、茹でたトリュフ玉子をサンド、そして玉子が見えなくなるほど、ペリゴール産冬トリュフをらひたすらスライス。もう、頭悪過ぎ〜w 美味すぎてため息しかでない...しかもソのため息までもがトリュフの香り。続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

老上海料理 ミモザ中国干し梅入り酢豚惹きつける照りの魔力。酸味と甘み、サクッとした食…

老上海料理 ミモザ 中国干し梅入り酢豚 惹きつける照りの魔力。 酸味と甘み、サクッとした食感とジューシーな肉質。舌が踊る酢豚だ! #ミモザ #酢豚 #上海料理 #中国料理 続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

ニューヨークチーズケーキって、たまに無性に食べたくなる。ラズベリージャムとしっかり甘めのチ…

ニューヨークチーズケーキって、たまに無性に食べたくなる。ラズベリージャムとしっかり甘めのチーズケーキか、俺を満たしてくれる! #ルパンコティディアン #ニ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

生クリーム鬼盛り、いちごパフェ。生クリームの中はストロベリーアイスクリーム。パチパチ食感…

生クリーム鬼盛り、いちごパフェ。 生クリームの中はストロベリーアイスクリーム。パチパチ食感も楽しいパフェ 神戸のオリエンタルホテルプロデュースのカフェ。 #いちごパフェ #딸기 #ストロベ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

山水亭 特上重愛知県西尾市一色町は、日本の鰻生産量の約4分の1を出荷し、 町単位で活鰻…

山水亭 特上重 愛知県西尾市一色町は、日本の鰻生産量の約4分の1を出荷し、 町単位で活鰻出荷日本一。 矢作川の清流を養鰻専用水道によって養鰻場に給水し、コンクリート造りではない、底が土でできた池で、ストレスの少ない自然に近い生育環境で育つ純国産の 一色産うなぎ。 そんな環境の中、取扱高日本一の養鰻業 三河淡水グループ の直営の うなぎ料理屋がある。 とにかく、うなぎ問屋直営だけあって、養鰻池から直送したうなぎを、備長炭でじっくりと焼き上げる、そのおいしさは格別。三河の地、西尾市一色町は東京と大阪の中間に位置する。蒲焼きスタイルは、背開きにして蒸して焼く「関東風続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

三河猪家 食事処 いろり:奥三河地方は県内でも狩猟が盛んな地域。三河猪家は、その地で…

三河猪家 食事処 いろり : 奥三河地方は県内でも狩猟が盛んな地域。 三河猪家は、その地で狩猟て獲れた野禽、猪、鹿などを適切に処理する食肉加工業者。 猪肉はぼたん鍋として地元に親しまれてきたという、その味を堪能。鹿肉のツミレも追加オーダー。そしてシメのうどんが、チョーうめえ! その他、猪ひれカツや、猪肉餃子も堪能。 もち続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

たでの葉。無双網獲り天然オナガガモとエゾ鹿。西麻布のジビエ料理の店での修業に飽き足らず、…

たでの葉。無双網獲り天然オナガガモとエゾ鹿。 西麻布のジビエ料理の店での修業に飽き足らず、狩猟免許を持つ 店主の小鶴 氏 。 フレンチなどとは違い、囲炉裏炭火のジビエ料理は、塩などのシンプルな調味料で食す、ある意味日本の伝統的な田舎料理。今でも狩猟食文化が色濃く残る、信濃、伊那、飛騨、濃尾、尾張などが有名で、この産地には名店が多いが、産地以外では、その肉の良し悪しの続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス