小谷 あゆみ | ごちそう♡さがしドットコム

「 小谷 あゆみ 」一覧

八戸市で見守りネットワーク研修会!ありがとうございました

八戸市で見守りネットワーク研修会!ありがとうございました


八戸市見守りネットワーク研修会でした!

八戸へは8年前の社会福祉大会以来、2回目でしたー!
八戸市のみなさん〜〜
ありがとうございました😊








おみやげたくさんいただきました




雪が舞ってきましたー




送迎ありがとうございます
「講演を聞いて元気が出ました」と言ってくれて、わたしも元気が出ました!






八戸のみなさ〜〜ん
ありがとうございました😊
また何年か後に呼んでね〜〜❣️



ベジアナ  いちご煮大好きアナあゆ

八戸へ向かう新幹線で駅弁食べてショックだった話

八戸へ向かう新幹線で駅弁食べてショックだった話


1月17日、阪神大震災から24年。

地球🌏が生きていることを忘れないようにしなくては。

八戸へ向かっております。青森寒いかな〜。

海苔屋さんの駅弁だというので買ってみた。このインスタ映えの世の中で逆に潔いシャケとちくわの磯辺揚げと海苔と思って買ってみた。

ごはん食べてショック〜

ツヤも味もない、固くてボソボソ。うそだろ。裏切られた気分だ。

これが498円のスーパーの弁当なら文句は言わないが、1080円した。

百歩譲って唐揚げやお肉がメインの弁当、または牛丼なら我慢できるかもしれないが、

おまえ、海苔屋だろう。

海苔が泣くぜ!(ぜとか言うてみた)

みなさん、お米には、 #業務用米 と#家庭用米 があるのをご存知でしょうか。

#コシヒカリ #新之助 #ゆめぴりか などいわゆる名前のある米以外に、飲食店やスーパーのおにぎり屋加工工場で使うお米は味より安さ重視の米です。

時々あれ?というごはんやおにぎりに出会うことありますよねー。

外食、中食、大流行りはいいけど、私たち日本人は食を外部依存しすぎた結果、知らない間にまずい飯を食べさせられているのである。悔しい。わたしは怒る!ぷんぷん!よくそれで海苔屋やってるなっ!まじ海苔が泣くぜ!




巷では企業にも #SDGs が求められると言うけれど、この弁当は一体誰を喜ばせたくて何に貢献したくて地球に誕生したのか。



ふぅ〜怒りを鎮めて〜

八戸行ってきまーす!



ベジアナ  駅弁大好きアナ😘あゆ

1月15日でした!

1月15日でした!








今日はイチゴの日‼️ 
わたしの誕生日でした
特に予定などないけど大丈夫🙆‍♀️

そんなことより仕事で感動と興奮があり、いい一日だったー!
おやすみ

ベジアナ 


健康博覧会!フードデザインEXPOで持続可能な社会と題して食とSDGs についてミニトーク

健康博覧会!フードデザインEXPOで持続可能な社会と題して食とSDGs についてミニトーク

 

1/23〜は「健康博覧会!フードデザインEXPO がビッグサイトで3日間開かれます。
わたしも「企業も地球もヘルシーな持続可能な社会」と題して #食とSDGs についてミニトークします。
そこで持続可能な食産業のリーダー!#福島屋さん 福島会長にあるべき日本の食の未来のお話を聞いてきましたー!ああ〜勉強になった。
そしてとってもいい気分になった。
やっぱいい仕事している人と話すことがどんなパワースポットへ行くより徳が積める気がする〜❣️
 

 

 

福島会長と、フード・アクション・ニッポン元事務局長の田中さんと

 

というわけで1月〜2月は突っ走ります。

八戸市〜見守りネットワーク

 

 

 

八丈島熱中小学校

 

まずは、青森・八戸 からの 東京の島・八丈島 へー!

 


ニッポン全国鍋グランプリin姫路では鍋の審査員やります

 

 

三木市で農村活動発表会〜

 

 

 

ベジアナ*パワースポットアナ・あゆみ

 

北海道を支えるのは家族農業!酪農家の青年に教わった家族農業の10年と農村で生き続ける権利

北海道を支えるのは家族農業!酪農家の青年に教わった家族農業の10年と農村で生き続ける権利

 

去年12月に訪ねた北海道JA青年部大会で頂いた冊子の中に「青年の主張」が載っていたのでページをめくっているうちに、一人の酪農家の話に引き込まれました。
 

 

 
JAしずない青年部の新規就農!田島義晴さんは、兄弟思いのすばらしい話でなんと最優秀賞。
 
そして、優秀賞だったJAけねべつ青年部の須藤宗裕さんの話もまた家族農業を表していました。
 

 

 

 

北海道中標津町の一人の酪農家 青年の主張に教わりました

北海道を支えるのは家族農業だったのだ。
 

家族農業の10年のはじまり

同時に、先ごろ国連が採択した「小農宣言」とは:小農と農村で働く人びとの権利に関する宣言=人が生きる権利を問うこと。

当事者である農家自ら「農の喜び」を言葉にしていく必要性日本農業新聞に書きました 

https://www.agrinews.co.jp/p38066.html/p46354.html

 

 

 

ベジアナ・あゆみ

 

 

新年あけましておめでとうござます!初仕事初出張の列車から

新年あけましておめでとうござます!初仕事初出張の列車から



新しい年の幕開け🌅㊗️

年賀状をやめてから毎年1月4日付の日本農業新聞コラムが、わたしの年頭の挨拶みたいなものです。

帰省ラッシュと真逆の下り新幹線は🚅ガラ空きでラッキー〜✨

今年も人のいないとこ、いないとこ探してブルーオーシャンで行こう〜〜🌊🏄‍♀️

#耕すのは誰か

#分散と多様性

#人手と人の目

#地域が目覚めるとき






初仕事、初出張で奈良へ。

京都から近鉄に乗り換えて宇治川と木津川超えて

お雑煮のお餅の取材です。

新年あけましておめでとうございます。

全国の明るい農村のみなさま〜今年も行くで〜🏃‍♀️




ベジアナ あゆ

佐渡からお米とともに来た手紙

佐渡からお米とともに来た手紙

 

年末だというのに 棚田学会誌に載せる原稿が終わらな〜いと、机の前の佐渡のカレンダーを眺めていたら〜〜

 

 

image

 

佐渡の 齋藤真一郎さんから #自然栽培米 #トキと共生するお米が届きましたー!

 

 

 

image

 

来年のカレンダーも一緒に〜!

さらに挟まれた手紙には〜〜

 

 

 

 

 

image

 

 

2月に佐渡へ訪問のお話が〜〜!

やったー!

 

 

#世界農業遺産 #GIAHS 佐渡へ行ってきまーす❣️

#佐渡は日本でいちばん大きな離島

#東京23区の1,5倍の広さ

 

齋藤さんたち生産者による生き物と共生する田んぼづくりのおかげで今では350羽のトキが舞う

 

生産者が作るのはコメだけじゃないんですね

2015年の夏に大地を守る会のみなさんと佐渡の田んぼを訪ねましたが冬の佐渡は初めて。楽しみ〜!

佐渡ヶ島なう。

2015年08月23日(日)

佐渡に生きる 島農業を営む人々

2015年08月23日(日) 

 

ベジアナ・田んぼアナ@あゆみ

お年玉に悩ましい季節ですよね。ひさびさのはつらつ相談ごきげん回答〜!

お年玉に悩ましい季節ですよね。ひさびさのはつらつ相談ごきげん回答〜!

 

お年玉に悩ましい季節ですね。

前にやってた日本農業新聞はつらつ相談です。

2014/12/16掲載(中四国版)

 

読み返してみると、我ながらなかなか悪くない展開だなーーと思ってシェア!

かくいう私は〜〜〜

 

お年玉あげる子どもを産んでない

 

きゃはははー

おバカですね〜年末の寒さが堪えますなぁ〜ヒュルル〜〜

 

以上、ベジ俳句でした〜!

皆さまよい年末年始を〜〜❣️

 

 

ベジアナ・お年玉ほしいなあ・あゆ

NO IMAGE

ユネスコ無形文化遺産にナマハゲ、アマメハギなどが登録!なまはげを広めたのは岡本太郎さん

秋田のなまはげ、能登のアマメハギなどの日本の農村で継承される伝統行事が、

ユネスコの無形文化遺産に登録されたというニュースから〜

(11/29ちょっと前ですが)

 

ユネスコ無形文化遺産にナマハゲなど8県の「来訪神」

 

 

このニュースを読んで考えたこと。

嬉しいニュースの反面、現実は担い手不足で存続自体があやぶまれている。

主に東北、北陸、鹿児島、沖縄・宮古島も登録されたが、どの地域も状況は同じだろう。

地域の宝、評価だけに終わらせず、これを機に内外にこの価値・意味が広まり、継続させていく方法が望まれる。

「秋田のなまはげ」はその中でもなんとなく知っている人が多いが、それには

その昔、岡本太郎が紹介して世に広まったという経緯があるという。

岡本太郎さんは、沖縄や縄文も「発見」したことで知られる。

現代の岡本太郎といえば、誰か。

赤瀬川原平さんの仕事はそれに近かっただろう。

路上観察で路上を「発見」し、老人力を発見し、宮武外骨を発見した。

すべて目利き、着眼点である。

日本史上もっともその基礎を作ったのは、千利休である。

土をひねった茶碗に美を見いだし、竹の茶杓を愛でる作法を生み出した。

今でいうと、みうらじゅんかはその一人でしょうねー。

仏像、ゆるキャラの「発見」です。

なまはげをもじったゆるキャラ「なみー&はぎー」を紹介していたコラムを読んだのを鮮烈に覚えている。

あるいは、骨董の世界では、中島誠之助か。

テレビ東京「お宝鑑定団」の果たした役目は大きいだろう。

日本の伝統行事の継承として、おもしろがってその価値を広めるために、日本の民俗・習俗の価値をわかる目利き・キュレーターがほしい。

日本の祭りソムリエなのか、祭り鑑定士なのか、とにかく語り部、仲介となってくれるメディア的存在が。

棚田や日本の農村文化もまったく同じことですよね〜〜〜。

 

 

ベジアナ・祭りアナ・あゆみ

 

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス