「 小谷 あゆみ 」一覧

認知症を学び、地域で支えよう!認知症サポーター養成講座を受けました!

認知症を学び、地域で支えよう!認知症サポーター養成講座を受けました!

 
認知症サポーター養成講座を受けてきました。
全国の組織で、誰でも受けることができ、各自治体で不定期に開催しています。
わずか90分の講座です。
わたしは世田谷区で受けました。

 

 
90分の講座とは
認知症にもアルツハイマー型ほか、いろいろあること、脳のどの部分の損傷かによって症状や病名は違うことなど、
講師をしてくださったのは、クリニックの看護師さんで
(医師の解説動画を冒頭数分間みました)
医療的な説明がまず45分ぐらいありました。
10分の休憩をはさんで、
後半45分は、その症状の理解と、接し方でした。

 

 
認知症サポーターになるとこのオレンジリングがもらえます!
 
わたしもこれからそういう場ではこのオレンジリングをしようと思いました。
 
 
せたがや介護の日!
11月17日
掲示板で見かけたチラシ

 

 
ついでにこんなチラシも見て、嬉しくなりました^^
世田谷まちなか観光馬車!
乗ってみたいけど、混雑必至でしょうね~~
 
 
介護の番組を長くやっているけれど、
地域や、自治体や別のアプローチも知っておきたい、関わりたいなと思って、
今回、認知症サポーター講座を受けて、「認知症サポーター」になりました。
 
改めて講座で聞いたこと、85歳以上の4人に1人が認知症になる時代。
 
認知症かもしれないなと気づくのは、実は、家族や周囲の人ではありません。
誰よりも先に本人が気づくということ。
しかし、そのことを、隠したい、どうにか回避したい、ことの積み重ねが、奇行になることもあるということ。
 
国では認知症の「予防」という活動をようやく、強化しようとまさに今年6月から大綱をつくって動き出した。
同時に、
予防策をやれば、かからない病気ではない。
認知症になったとき、予防しなかったのだというネガティブな風評は避けなければならない。
 
いろいろ学ぶことありました。
 
とりあえず、大事なことは、冒頭の通り、
認知症を学び(まず本質を知ること)、
地域で支えよう (他人事ではない)、
 
「人間の杖」ということばも聞いた。
 
支える。
もちろん、支えようとする本人が倒れてはいかない。
 
考える機会になりました。
 
 
ベジアナ・認知症サポーター!オレンジリングアナ@あゆみ

14回目のグリーンリボンランニング!思い出深い大会となりました。

14回目のグリーンリボンランニング!思い出深い大会となりました。

image
 
グリーンリボンランニングフェスティバル 開催が心配されましたが、駒沢公園で小雨の中開かれました。
 

グリーンリボン とは移植医療のシンボル。ドナー、ドナーファミリー、臓器提供いただく方と受け取る方、まさに命のリレーで、健康を取り戻し、走りあえる喜びを分かち合います。

 

 

image

 

東京新聞の主催で今回は14回目。

第1回大会から連続して14年司会をさせてもらっていますが、台風被害、各地へ影響まだまだ続く中、開会式では黙祷を捧げ、忘れられない大会となりました。

 

image

 

3000人のランナー、応援、ボランティア、ご協力の皆さまと大会を迎え、走る喜びを分かち合えたこと、

また空の上で見守ってくれている存在に感謝、感謝、感謝です。
 

image

 

誰かから誰かにバトンをつなぐっていいなと素直になれる大会です。

 

優しい天使のハーティちゃんとも毎年恒例の記念写真~!

 

ありがとう!

ありがとう!

 

16:40に大会を終えて、じつはひそかにわたしのグリーンリボンランニングは始まりました。

 

走っていたランナーのみなさん、選手宣誓をされた臓器提供を受けて元気になった方や、

みなさんに触発されて、、、

実は、もしも調子よかったら今日こそ走れないかなと思ってひそかに忍ばせていたランウェア!

4年ぐらい前まで駒沢公園もよく走っていたけれど、近頃まったくランナーから遠ざかっていました。

 

着替えする場所としtれ覗いた駒沢公園の体育館は、

なんとこの日体育の日の記念で、入場料無料~!

(もともと2時間450円だけど^^)

更衣室で着替えて、ロッカーに私物を預けて、17時から静かに走りはじめました。

 

駒沢ラン3周6.2キロ走ったー。

めっちゃ遅いけど走れたー。

せっかくここまで来たのだし、1周だけでもという思いで走り出したのですが、

意外と走れてそうなると嬉しくなって3周しました。

小雨のシャワーランも気持ちよかったーー。

近頃やる気失ってたけど走ったらスッキリ気分になれました。

 

がんばっている、健気な人を見て、触発される。

 

もっともわかりやすい、やる気取り戻すスイッチなのかもしれません。

 

少しずつ、わたしも前を向いて進んでいこうと思いました。

 

ありがとう

 

@ 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場

 

 

 

 

ベジアナ・グリーンリボンアナ@あゆみ

 

NO IMAGE

和田誠さんが亡くなりました。ありがとうございました

イラストレーターの巨匠 和田誠さんがなくなりました。毎年、青山で和田さんと安西水丸さんが2人展をされていて、わたしも2010年から毎年伺っていましたが、水丸さんがいなくなり、とうとう和田さんも天に召された。
 和田さんといえば、最も有名な代表作は1977年から現在まで42年掲載されている週刊文春の表紙イラスト。絵を見ると誰だかすぐわかる。
あと、TBSの「サワコの朝」のタイトルも。
それからタバコのハイライトのデザイン!水色に白とシンプルなデザインだけど誰でも知っている。
すてきなかっこいい東京、日本を作り上げた時代の人だったなーと思った。
時々そばでその人となりを見ることができてありがたかった。
安らかにおやすみください。ありがとうございました


全国棚田サミットが山口県長門市で13〜14日に開催されますが〜

全国棚田サミットが山口県長門市で13〜14日に開催されますが〜



関東直撃予想の台風💨19号により、12日〜13日の羽田空港発着の多くの欠航が決定しました!

楽しみにしていた山口県長門市で開かれる #全国棚田サミット の参加を私はやむなく見送ることになりました。現地山口は進路から外れそうですが、羽田便の欠航は開催に大きな影響となりそう。なんといっても山口県ですから偉い人の出席も見込まれます。

棚田地域振興法成立で、棚田の新時代!というタイトルがつき、講演も農村政策の第一人者小田切徳美先生!

また個人的には棚田で繁殖牛を放牧する山口型放牧の取材も兼ねていたので残念無念ですが〜。

思えば、1年前の棚田サミット(長野県小谷村)も、大雨の2日間でした。

小さな田んぼ一枚一枚がダムと言われる棚田には、貯水機能があり、洪水や土砂崩れを防ぐ働きがあります。

棚田と台風の思わぬ結びつきは、

気候変動と農業について、環境と農村、その多面的機能について国のトップが真剣に考える時だというメッセージととらえることができます。

海洋の潜熱をエネルギーにして発達するのが台風💨なのですから。

この条件を生かして棚田地域政策が大きく前進する大会となりますようお祈り申し上げます。

参加される皆さまの報告に期待しています。


https://tanada-japan.com/other/510/



ベジアナ  棚田アナあゆみ

介護百人一首の収録でした!毒蝮三太夫さんと

介護百人一首の収録でした!毒蝮三太夫さんと

NHKハートネットTV #介護百人一首 の収録でした‼️

歩く笑いのパワースポット!毒まむしさんとの司会も15年になりました



ゲストは安藤和津さん〜‼️

「介護後うつ」というご本を上梓されました。

介護うつ はよく聞きますが、看取りを終えてもつきまとう悩み。

よく生きたい、思えば思うほどらくに生きるのが難しい時代なのかもしれません。

自分の課題とも照らし合わせて考えました。



放送は10/23(水)20時からEテレで〜

つらいのはわたしだけじゃない、と思ってご覧いただけたら嬉しいです。



ベジアナ  介護アナあゆみ



ニューヨーク発のWOKUNIの海鮮丼が東京に上陸!新橋 魚の飯ほかにて

ニューヨーク発のWOKUNIの海鮮丼が東京に上陸!新橋 魚の飯ほかにて



ニューヨークで人気の海鮮レストラン #WOKUNI  の評判ランチが東京上陸〜❣️

金箔入りのゴージャスなだしジェルがキラキラぷるんぷるん #食べるジュエリーや〜‼️ 




ピリ辛の #シラチャーソース がかかった #BARACHIRASHI はシーフード界にグローバルインパクト!






ニューヨーカー大好き #TEMPURA と #SUSHI が一緒になった #WOKUNI丼 







#稲庭うどん に #JAPANESE #SAMURAI 魂 #chonmage の #海老天 と揚げナスが乗った #チョンマゲUDON の3品が期間限定でいただけます。

6月に #食べあるキング メンバーとNYを旅して味わって来た 海鮮日本食レストランWOKUNIのNY発逆輸入メニュー!

キラキラ海鮮丼をピリ辛シラチャーソースで食べれば、寿司とエスニックの多文化共生ニューヨーカー!




新橋の #魚の飯 ほかで11月末まで‼️




#さかなのまんま



ベジアナ  あゆみ

ニューヨークの人気店!WOKUNIの海鮮丼が東京上陸!新橋・魚の飯ほかにて

ニューヨークの人気店!WOKUNIの海鮮丼が東京上陸!新橋・魚の飯ほかにて

 

ニューヨークで人気の海鮮レストラン「WOKUNI」の評判ランチが東京上陸〜❣️

金箔入りのゴージャスなだしジェルがキラキラぷるんぷるん!食べるジュエリーや〜‼️ 

 

BARACHIRASHI(バラちらし) 

色とりどりの海鮮にだしジュレをかけます~

マヨネーズソースにクロスしてかけている赤いソースは、ケチャップではありません。

 

 

タイ生まれでアメリカで人気のピリ辛チリソース「シラチャーソース」です。

エスニック好きのニューヨーカーは、海鮮をピリ辛ソースで!

刺激的なNYスタイル。

 

 

 

こちらは、ニューヨーカーが大好きな天ぷらと寿司がなんと一つの丼に~!

人気日本料理のトップ1、2全部のせ丼~!

NYのお店の名をとって「WOKUNI丼」

 

 
お味噌汁や茶碗蒸しまでついてゴージャスな定食ランチです。
 
 
キラキラ贅沢なぜんぶ乗せー

 

 

 

こちらは「チョンマゲUDON」

豆乳スープにどーんとなす田楽、一番上にトッピングしたえび天がまるでちょんまげ~! 

 

 

細いのにコシのある稲庭うどんが豆乳スープでつるつる~!

 

以上、3品が期間限定でいただけます。
 

 

6月に、食べあるキングメンバーとNYを旅して味わって来た海鮮日本食レストラン「WOKUNI」の

NY発逆輸入メニュー!

 

 

 

 

新橋にある魚の飯(さかなのまんま)ほかで期間限定ランチ、11月末まで~!!

 

 

ベジアナ  あゆみ

フードアクションニッポン食堂!10/10まて国産メニュー大集合❣️

フードアクションニッポン食堂!10/10まて国産メニュー大集合❣️


フードアクションニッポン!

農水省が認定する国産農水産物アワード!

今年のイチオシを決める #フードアクションニッポンアワード 発表を前に、#フードアクションニッポン食堂 が表参道にオープン!(10/10まで期間限定)










#甲州地どりのバンバンジー定食



エディブルフラワーのサラダ



竹炭ヨーグルト


グラスフェッドプリン






#ビーガンメニュー すべて国産ランチいろいろ

フードアクションニッポンベスト100にはいったのは〜〜

西村 悟さんの

#静岡県 #丹那わさびバター

寺垣 みち子さんの

#和歌山 #みなべ町

#てらがき農園 #無農薬の南高梅

どちらも #世界農業遺産 #GIAHS 認定地域のサスティナブル農産物‼️

おめでとう㊗️ございまーす!


フードアクションニッポン食堂は10/10まで表参道 野菜がおいしいカフェLonging House神宮前・原宿 にて

アワードの結果発表は10/17‼️

NO IMAGE

負けない依存しない強い農業をどう築くか。農業の本質とは~放牧酪農について日本農業新聞に書きました

負けない、依存しない、強い農業をどう築くか。

北海道の2人の放牧酪農家の考え方と実践に、希望を見ました。

日本農業新聞にコラムを書きました。 

https://www.agrinews.co.jp/p48861.html

 

取材した2つの牧場には、見事に共通していることがありました。

牛を放牧して離農した耕作放棄地を請け負い、面積(草地)は増やしますが、頭数は増やさない。

むしろ減らしているぐらいです。

はっきり言ってびっくりします。

そして、規模拡大しない方が収益があがることを実践しているのです。

乳量(収入)は多くなくても、飼料を買わない、労働力をかけない=支出を抑えることで、

プラスマイナスの収支=手元に残る利益が実は多いことを2つの牧場が証明しているのです。

2つの牧場とも、放牧酪農の関係者にはとても知られている方ですが、

ふだん各地の農業を取材し、農政をウォッチしている者にとっては目からウロコの低コスト経営。

 

相次ぐ自然災害、日米貿易協定、家畜伝染病の問題。

農業をとりまく課題は山積ですが、

 

飼料の自給で外部要因に左右されない自立した生産。

離農して荒れた土地を引き受けて地域に喜ばれる牧場。

通りすがりの人が、あ、牛の放牧だー!と喜ぶ景観をつくる仕事。

一石何鳥もある放牧酪農のことをもっと考えてほしい。

そんな思いをこめて書きました。

と同時に、こういうことを書くと、日本の酪農はすべて放牧地では賄えないとか、

土地がない牧場はどうすればいいんだ、

などと叩かれそうですが、(過去に「山地酪農」を称賛したとき、複数から横槍を入れられえらい目に遭った。今もトラウマとなって忘れることができない。

なぜ、酪農家同士、あるいは、農業関係者同士、いがみ合うのだろう。わたしのような外部の人間から見ると、どの農業もみんな違ってみんないい、ではないかと思うのですが)。

わたしが書きたいのは、Aを褒めたからBは間違っている、ということでは全くない。

AもBもCも、いろんな方法があるから、日本列島なのだ。

九州と北海道で、四国と東北で、郷土料理、食べもの、とれる野菜(農産物)、方言が違うように、

都市近郊には都市近郊の農業、

北海道には北海道の農業、

過疎の中山間地には中山間地の農業が、営まれ続けることが、

食料問題にも、災害の土砂崩れにも、国土保全にも、地域の存続にも、あらゆることを健全(ヘルシー)に 解決する方法の一つだと言いたい。

全てだとは言っていないけれど、国連では食料問題や貧困の解決策が、家族農業、小農であると明言しています。

しかし、日本の農業政策は、大規模化、土地の集約化、ロボット導入、企業経営など、

人手が足りないことをお金をかけて解決しようとする政策ばかり目立つ。

お金が潤沢にあるなら、ロボットを導入すればいい。

海外に言われるままの値段で飼料を購入すればいい。

だけど、お金のない小さな農家は借金背負ってまでそれをするべきか。農業を続けるにはそれしかないのか?

答えは、いいえ。

今の日本においては、プランAではないかもしれない。けれど、プランBとして生き残る農業を、わたしは支持します。

 

#足寄町

#ありがとう牧場

#広尾町

#小田牧場

 

日本農業新聞にコラムを書きました。 

読んでみてね

https://www.agrinews.co.jp/p48861.html

 

ベジアナ@土地有効活用アナあゆみ