小谷 あゆみ | ごちそう♡さがしドットコム

「 小谷 あゆみ 」一覧

NO IMAGE

感動メモ覚書き(丸の内プラチナ大学 第3期生 開講のシンポジウムがありました。

7/17は 丸の内プラチナ大学 第3期生 開講のシンポジウムがありました。

東京大学28代総長の小宮山宏先生の講演がもうカンドー的にすばらしく(去年別の会で初聴講したときも感動!)希望で胸がときめいたー!

ブログにアップしたかったけれどスマホを忘れていたので、1枚の写真も撮れなかった。おかげでスライド写真撮らずメモとりながら聴けたのはとてもよかった。

もはや日本をはじめ先進国は、エネルギーも物質も都市に十分貯まった、都市鉱山!循環型社会です。

個人が自由に自分らしく生きる時代ですよ。

超大学、ナラティブ(物語)がキーワード。

その後のパネルトークがまたすごかった。

鹿児島の南、徳之島 にある 伊仙町 に移住して町の職員になり直売所をつくったり地方創生を担う 松岡由紀さん!

(なんと目黒区出身でエール大学で #アグロフォレストリー を学ばれた才媛)の短いお話の中に大事なことが詰まっていて、

しかも伊仙町というところは日本一出生率が高い!

 

出生率といえば東京が最低で、沖縄が最も高いというけれど、実は自治体レベルでは伊仙町がトップ!2.8だったかもうすぐ3.0になる勢いだという。

個人が暮らしやすい、生きやすい島だということだ。

東京(都市)の真逆だと言うことか。

(注:東京にも農村はあり、東京だけど農家している子だくさんの人がいます)

要は、離島や農山漁村に残る地域の暮らしが未来のカギを握るという話!

とにかく感動したので覚え書き〜!

1年以内に伊仙町に行くぞ!

 

逆参勤交代コース@松田智生先生、

「繋げる」観光コース@吉田淳一先生の講座もお話おもしろく興味津々でしたが、わたしは

アグリ・フードビジネスコース@中村正明先生に学ぶことにしましたー!6次化の実践たのしみー!

 

#丸の内プラチナ大学 第3期生 開講しました!

単発講座もあるそう!ECOZZERIA 

 

http://www.ecozzeria.jp/events/platinum/3.html

 

小宮山先生のプラチナ大学構想、別の資料ですが参考に

 

http://www.platinum-network.jp/pdf/toudai20171025.pdf

 

徳之島・伊仙町職員の松岡由紀さん

 

http://amamishimbun.co.jp/2016/03/28/9491/

 

2017年に日本食糧新聞セミナーで小宮山宏先生のプラチナ社会構想を初めて聞いた時のブログ

(実はそのとき #歩くSDGs@笹谷さんとも出会ったのでした♪)

 

https://ameblo.jp/ayumimaru1155/entry-12264996381.html

 

 

 

ベジアナ・プラチナアナ・あゆ

静岡の奥藁科・大川地区は縁側カフェ発祥の地!縁側へいらっしゃい〜♪むらのおと夏号発刊

静岡の奥藁科・大川地区は縁側カフェ発祥の地!縁側へいらっしゃい〜♪むらのおと夏号発刊

 

静岡県のむらづくり広報誌「むらのおと」に取材コラムが載りました。

 

 

 

静岡市の奥座敷、奥藁科・大川地区は縁側カフェ発祥の地!

お茶の歴史かおる邑の縁側へいらっしゃい〜♪

 

農泊、グリーンツーリズムがあちこちで話題ですが、農村ツーリズムの一つとして、

縁側カフェは手軽で取り組みやすいと感じました。

 

 

 

 

 

縁側でのおもてなし、

お茶の歴史がすごいー。

 

 

 

 

静岡県では山間地の集落を「ふじのくに美しく品格のある邑」と名付けて評価しています。

農産物の宝庫であるだけでなく、様々な地域に根ざした暮らしはまちがいなく

地域の、静岡の、日本の宝です。

わたしもふじのくに美しく品格のある邑推進委員の1人として、

県内のすてきな農村をたくさん訪ねています。

 

静岡県は(川勝知事が知識人・文化人だからかヽ(*>∀<*)ノ)こういう農文化の評価や農村振興に長けているな〜と感じますが、静岡だけでなく全国にこの取り組みが広がればいいのに〜と心から思います。

 

広報誌「むらのおと」はこちらでぜんぶ読めます^^

 

http://www.fujinokuni-mura.net/backnumber/

 

 

 

ベジアナ・むらアナ・あゆ

栃木!真夏のかんぴょう女子旅。かんぴょうづくり体験してきました。

栃木!真夏のかんぴょう女子旅。かんぴょうづくり体験してきました。

 

ずっとかんぴょうのことが気になっていた。

 

酷暑の7月8月の2ヶ月間しか収穫・加工できない絶滅危惧農業
海苔巻きにおでんの昆布巻きやきんちゃく、和食に欠かせないかんぴょう。
とにかく現地に行かなければ。

 

お邪魔したのは、栃木県下野市

かんぴょう(ユウガオ)農家の北野道世さんのお宅に庭にある加工場。

 

 

かんぴょうの原料はユウガオの実、地元ではこれを「ふくべ」と呼ぶそう。

洋梨型でまるまると大きいですね。

5〜7Kgあるそう。重いです。(ほとんど水分)

 

 

image

 

 

真ん中に棒をさし、遠心力でまわす。

まずはピーラーで外側のうす黄緑色の皮をむきます。

 

ピーーーーーラーーーーーっとね。

 

 

image

 

皮をむき終えたらいよいよ、手前からスライサーを垂直に当てます。

このスライサー幅3cmぐらいのカッターが付いていて、

高さ調節ができ、1個につき5〜6回高さを変えて繰り返します。

 

ミシンのような足踏みペダルで速度調節〜〜〜

 

 

 

ろくろを回してぐるぐるリボン状にスライス、

いわゆる「自動かつらむき機」ですね。

 

 

 


3cm幅スライサーで5〜6回に分けて。

一番上は、中心に種がないので、かなり中心近くまでスライスできますが、

その下は、中にワタと種が入っているので(ヘチマのような感じ)

あまり削り過ぎないようにー。

 

 

 

はじまりましたーーーーーー

わーーーリボンが飛び出すよう〜〜〜

 

 

 

シュルシュル

シュルシュル

 

 

 

えええーーー@@

 


 

 

まる一日かけて作ったYOUTUBE動画も見てね!

 

かんぴょう生産日本一!栃木県でかんぴょうづくり体験してきました

 

 

 

ハウスの中で2日間干します

 

 ビニールハウス内に干場を作り、送風機、乾燥機を設置して作業を安定化 

 二酸化硫黄で燻蒸・漂白し、保存性を高める
 

 

 

かんぴょうのカーテンや〜〜〜

かんぴょう
ユウガオの未熟果をひも状に剥いて干したもので、ミネラル、食物繊維が多い
栽培は 300 年以上の歴史があり、栃木県が全国の 98%、その5割が下野市
栃木県内の生産は昭和 6 年の 2,250ha 3840t から、近年は 140ha 300t 程度 まで減

国産は国内消費量の1割程度であるがニーズが高まって供給が追いつかない状態
平成 25 年しもつけブランドに認定 

 

 

 

 

 

 

ユウガオの実、地元では「ふくべ」と呼ぶそう。

5キロから7キロ

 

 

 

重いんですーーー

 

 

 

 

ウリ科

ユウガオ属

花の下についた赤ちゃんふくべ。産毛がかわいい〜

 

 

 

とちぎのかんぴょうは300年の歴史

 

 

 

 

栃木県が国産の98%ですが、国内に出回るかんぴょうの9割は中国産。

 

体験してあらためてわかりましたが、なんとまああああ大変な作業か。

朝2時起きでスライスと干す作業をし、昼間は暑すぎるので別の作業をして、

夕方また収穫に行く。

かんぴょう(ユウガオ)農家は年々減る一方。

 

 

青いタオル巻きで立つ

農家5代目でかんぴょう生産部会長も務める北野道世さん(54歳)。

お忙しい中受け入れてくださり感謝申し上げます。

 

大学卒業後に就農し、34 年間かんぴょう生産に従事 

しもつけかんぴょうまつり実行委員

平成22年~26年 かんぴょう生産部会長

 

下野市は栃木県の中でも5割をしめる。

下野市役所の米井さん、

栃木県農業大学校の杉本校長、たいへん感動的な体験させていただきお世話になりました。

 

栃木県の農業関係者にあうたび、かんぴょうづくりやってみたいと吹聴して来たのですが、

県の農政部から今は栃木県農業大学校の校長になられた杉本さんのおかげで、

今回、よ〜〜〜うやく叶いました!

 

真夏のとちぎ!かんぴょう女子旅。

まだまだあちこちいったけどひとまずアップ。

 

 

 

 

ベジアナ・かんぴょうアナ・あゆみ

真夏のとちぎ!かんぴょう女子旅。かんぴょうづくり体験してきました。

真夏のとちぎ!かんぴょう女子旅。かんぴょうづくり体験してきました。

 

 

ずっとかんぴょうのことが気になっていた。

 

酷暑の7月8月の2ヶ月間しか収穫・加工できない絶滅危惧農業だという。
海苔巻きにおでんの昆布巻きやきんちゃく、和食に欠かせないかんぴょう。
とにかく現地に行かなければ。

 

 

 

 

栃木県栃木県の農業関係者にあうたび、かんぴょうづくりやってみたいと吹聴して来たのですが、

県の農政部から今は栃木県農業大学校の校長になられた杉本さんのおかげで、

今回、よ〜〜〜うやく叶いました!

 

 

 

 

栃木県下野市

かんぴょう(ユウガオ)農家の北野道世さん宅へお邪魔して、かんぴょうづくり体験

 

ペダルを踏むと〜

 

 

 

ええーーーー

リボン状にスライス

 

 

 

 

シュルシュル

シュルシュル

 

 

 

えええーーー@@
 

かんぴょう生産日本一!栃木県でかんぴょうづくり体験してきました

 

 

 

ハウスの中で2日間干します

 

 ビニールハウス内に干場を作り、送風機、乾燥機を設置して作業を安定化 

 二酸化硫黄で燻蒸・漂白し、保存性を高める
 

 

 

かんぴょうのカーテンや〜〜〜

 

かんぴょう
 ユウガオの未熟果をひも状に剥いて干したもので、ミネラル、食物繊維が多い
 栽培は 300 年以上の歴史があり、栃木県が全国の 98%、その5割が下野市
 栃木県内の生産は昭和 6 年の 2,250ha 3840t から、近年は 140ha 300t 程度 まで減

少 

 国産は国内消費量の1割程度であるがニーズが高まって供給が追いつかない状態
 平成 25 年しもつけブランドに認定 

 

 

 

 

 

 

 

ユウガオの実、地元では「ふくべ」と呼ぶそう。

5キロから7キロ

 

 

 

重いんですーーー

 

 

 

 

ウリ科

ユウガオ属

花の下についた赤ちゃんふくべ。産毛がかわいい〜

 

 

 

とちぎのかんぴょうは300年の歴史

 

 

 

 

栃木県が国産の98%ですが、国内に出回るかんぴょうの9割は中国産。

 

体験してあらためてわかりましたが、なんとまああああ大変な作業か。

朝2時起きでスライスと干す作業をし、昼間は暑すぎるので別の作業をして、

夕方また収穫に行く。

かんぴょう(ユウガオ)農家は年々減る一方。

 

 

農家5代目でかんぴょう生産部会長も務める北野道世さん(54歳)。

大学卒業後に就農し、34 年間かんぴょう生産に従事 

しもつけかんぴょうまつり実行委員

平成22年~26年 かんぴょう生産部会長

 

下野市は栃木県の中でも5割をしめる。

下野市役所の米井さん、

栃木県農業大学校の杉本校長、たいへん感動的な体験させていただきお世話になりました。

 

真夏のとちぎ!かんぴょう女子旅。

まだまだあちこちいったけどひとまず〜。

 

 

 

 

ベジアナ・かんぴょうアナ・あゆみ

NO IMAGE

J-WAVE「STEPONE」で紹介したお店は〜パクチーバーゴールデンバーニング (渋谷)

J-WAVE「STEPONE」セブン!ランチハンター!パクチーランチ特集2日目ー!

きょうの放送でベジアナが紹介したおすすめパクチーランチはこちらのお店♪

渋谷のパクチーバーゴールデンバーニングでした〜!

 

毎日こうも酷暑が続くと日本はもはや東南アジアの一国ではないか。

実際、農産物の作付けも変化してきています。

人も環境に適応するために、身体が自然とアジアンテイストを欲するんですね。

高温注意報のでる酷暑の中、パクチーを食べたくなるのは自然の摂理なんだとコメントしたら、

スタジオでサッシャさん受けてくれていました〜♪

でも背景には深刻な地球温暖化があるのです。

ともあれ、人間も自然の一部、パクチーたっぷりのエスニックテイスト食べたくなるよね〜〜〜。

 

番組で紹介されたおすすめは、パクチーライス!

卵黄をとろ〜〜〜りかけるのがたまんなーーい!

 

NO IMAGE

きょう放送したJ-WAVE「STEPONE」パクチーランチ特集で紹介したのは下北沢チャオパクチー

きょう放送したJ-WAVE「STEPONE」パクチーランチ特集でわたくしベジアナが紹介した

おすすめパクチーランチはこちら♪

下北沢のチャオパクチーでした〜!

ランチもいいけど実は、夜だけのメニューパクチーの○っこの○素揚げがおすすめです!

 

それはそうと、パクチーパクチーと騒いでいたら、

岡山県はパクチーの産地で(#岡パク って名前でブランド化)、

しかも今回の西日本豪雨被害で畑が浸水して出荷できないそう。

パクチーはほとんど国産だと思うので、真夏のアジア料理、エスニック業界にも影響あたえるかもしれません。

パクチーを大事に見守りましょう。

 

ちなみにうちのベランダでも育てていますが、真夏の東京のベランダでは育ちません。

春から初夏に花が咲いて今は種(コリアンダーシード)ができています。

 

がんばれ国産パクチー!

 

静岡県が1位で2位が岡山らしい

「岡パク」はJA岡山管内の岡山市北区牧石・牟佐地区のJA岡山パクチー部会の農家12軒が同地区内延べ面積10ヘクタールで栽培し、部会の規格に適合したものだけを「岡パク」として出荷、平成28年度は岡山市場をはじめ東京・大阪市場など全国へ24㌧出荷

 

 

きょうから3日間、明日もあさってもパクチーおすすめランチを紹介します。

 

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス