「 小谷 あゆみ 」一覧

なんの山かわかりますかー。青森県つがる平野のお米の山!飼料米で耕畜連携!

なんの山かわかりますかー。青森県つがる平野のお米の山!飼料米で耕畜連携!

 
なんの山かわかりますかーーー???
 
青森県つがる市の木村牧場へいってきましたー。
 
 
 
なんとこの山、お米(もみ)!飼料米の山だったのです。

 

 

米どころ津軽から世界へ

水田地帯で育った「つがる豚」(畜産コンサルタント3月号)に書きました〜。

 

 真っ白な雪に覆われた極寒の青森県つがる市。

養豚一貫経営に取り組む「木村牧場」を訪ねてきました。

 

 

まず驚いたのは、水田地帯にそびえ立つ2棟の巨大な飼料米専用倉庫です。

アメリカのスパンテック社に設計を依頼し、資金2億5千万円を銀行から借り受け、合わせて1万4千トンの籾と玄米を保管できる規模は、企業としては全国一でしょう。

 

 

 

コンテナもフレコンバッグも不要で、籾を山のように積み上げる方法はシンプルかつ安価で、設計に工夫があります。

 

2棟の巨大倉庫は、米どころ津軽平野の一つの未来を表しているようでした。

 木村牧場の特徴は、160件のコメ農家(玄米換算で5300トン)と直接契約している点にあります。代表の木村洋文さん(51)の話で印象的だったのは、

「地域に嫌われがちな養豚が、飼料米で160件と直接取引したことで、理解してくれるお客さんが160件になった」という話でした。これまでは、飼料会社や薬品メーカー、販売先など5社しか取引がありませんでしたが、160件の農家との付き合いは、地域の理解につながりました。地元における自社の存在意義が明確になり、お互いが喜び合うWIN-WINの関係になったのです。

 

 

 また、以前からりんごかすなどのエコフィードにも取り組み、工場など20社と連携し、

飼料費12%のコストダウンに成功しました。

 

青森から飼料米の畜産が広まれば、コメ農家にとっても大きな希望となります。

近隣からどんどん集まってくる飼料米を、たくさん使おうと試行錯誤し、

現在、「つがる豚」に与える飼料米は4割!

他に類を見ないダントツの割合です!

籾は粉砕すると繊維質になるため籾まで活かせるのも特徴です。

 

 

飼料米や耕畜連携の問題で、よく耳にするのはマッチングですが、

木村牧場が多くの農家と連携できた蔭には、

飼料営業担当で参与を務める宮本富樹さん(69)(写真左から2人目)

の働きがありました。

 

 

 

 

なんと、宮本さんは、木村社長が通った県立木造高校の恩師だったのです。

(ちなみに舞の海さんと木村さんは同期生!)

 

 高校の先生といえば、農家でも地元企業でも、だいたい教え子かその兄弟姉妹がいるものです。「歩くまちの人物事典」の元先生に頼まれれば、みんなハイ!と答えるしかないでしょう〜!

しかも宮本参与はリタイア後、仕事をしていなかったというのですから、こんな優秀なシルバー人材発掘はありません。

コメ余り、農業人材不足、過疎と高齢化、地域の課題はどこも同じです。ならば現状をどうプラスに切り替えるかが、私達に与えられた可能性です。木村牧場にはそんな前向きさがありました。

 

 

農場HACCP とJGAPも取得、香港10店舗へ輸出し、津軽から世界をめざすつがる豚。

お米を食べて育った日本にしかない “和豚”として、日本の田んぼを救う挑戦が始まっています。

先日の飼料用米畜産物日本一コンテストでも優秀な賞を受賞しました。

日本の田んぼを救う養豚!おめでとうございます!

 

 

追伸)

さる3月15日、東京大学で、
第2回飼料用米活用畜産物ブランド日本一コンテストの表彰式がありました。

JPPAでは、飼料用米を活用した畜産物のブランド化を推進するため、

飼料用米を生 産する農家と連携し、従来の畜産物より付加価値を向上させて取組む畜産事業者を表彰しています。

 

全国 42点の応募の中から、

株式会社 木村牧場の「つがる豚」が農林水産省政策統括官賞に輝きました。

おめでとうございます!

http://okome-sodachi.jp/contest2018.html

 

木村牧場(青森県つがる市木造丸山竹鼻)についてはこちら

 

ベジアナ・おこめアナ@あゆみ

311を機にこの国に芽生えつつある「応援消費」〜農が育む物語を売る

311を機にこの国に芽生えつつある「応援消費」〜農が育む物語を売る

 
 

農が育む物語を売る〜トキと共生する佐渡の里山

311を機にこの国に芽生えつつあるのは「応援消費」です。

課題地域のものを食べて応援、買って応援、旅して応援することは #エシカル(倫理的)消費とも呼ばれ、消費行動自体が社会貢献になり、誰かを応援できる喜びにもつながります。

#世界農業遺産

#GIAHS

#持続可能な農業

#ふゆみず田んぼ

#多様な命が活躍する田んぼ

#日本農業新聞 に書きました

WEB版で読めます

 

https://www.agrinews.co.jp/p38066.html/p47012.html

 
ベジアナ・小谷あゆみ
 

 

イノシシ狩猟塾に参加しました!ニッポンの農村問題は鳥獣害!南房総市・猟師えびちゃん

イノシシ狩猟塾に参加しました!ニッポンの農村問題は鳥獣害!南房総市・猟師えびちゃん

 
 
千葉県南房総市へ、イノシシ狩猟塾へ行ってきました

 

 
南房総市@猟師えびちゃんに「箱わな」を習う。
 
 
 
山を歩き、沢を渡って、
 
 
いのししの足跡をたどる

 

 

わたしは体験取材として参加しましたが、ほかの皆様は農水省OBや獣医さんなど

畜産関係者ばかりのクルーズドの催しです。

わたしは2013年が第1回で今回が3回目でした。

 

(*興味を持たれる方いるかもしれませんが、*新規の一般向けの講座はありませんのであしからずー)


 

 

くくりわなをしかける


 

 

からの〜〜〜

 

 

 


 

 


 

ミンチマシーーーン!

 

 

 

また書きますが取り急ぎ写真アップーー
 
 
ベジアナ・ジビエアナあゆみ
 
 

NO IMAGE

岩手県水産加工品コンクール! おめでとう

Nスペ‼️ワカメのから揚げ!おめでとうございます ‼️

岩手県水産加工品コンクール!

某BS出版N本さんからNスペに出てたと言われてびっくりー

(そうだわたしも審査員で盛岡行ったのでした〜)

岩手・三陸ならではの水産の力すごい!

311がまた来ます!

応援しています



岩手県水産加工品コンクール

岩手・三陸ならではの水産がんばれ!https://ameblo.jp/ayumimaru1155/entry-12437262186.html


ベジアナ  

NO IMAGE

十和田市にある「農工園千里平」のことを琉球新報に書きました〜自分らしく働きたい!農福連携

畜産ロケで十和田市にある「農工園千里平」を訪ねました。

農業と福祉、農福連携で和牛生産を営む福祉施設です。

障がいを持っていたって自分らしく働きたいのは誰も同じ。

「牛づくりは人づくり」を掲げる農工園は去年、青森県畜産共進会でチャンピオンに輝きました。やったー!

おめでとうございます!

 

琉球新報に書きました。

「はいたいコラム〜自分らしく働きたい」


農福連携

農業と福祉

牛も人も嬉しい

農工園千里平

 

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-883490.html

 

読んでね!

 

 

ベジアナ・やっぱ自分らしさだよね!!小谷あゆみ

さぬきのめざめ!たまごの黄身プレート!

さぬきのめざめ!たまごの黄身プレート!

 

さぬきのめざめプレート でたー!

香川県の太陽からアスパラにょきにょきめざめましたー!

 

昨日もらった「さぬきのめざめ」極太やわらかアスパラガスを〜〜〜

 

 

 

桜新町 のドイツ🇩🇪ハムとソーセージやさん #ファインシュメッカーサイトウ さんに頼んで特別にアスパラ焼いてもらいましたー‼️

なにこれめちゃくちゃ太いのに繊維がないーーー!

 

パルミジャーノチーズを削ってかけます。

 

 

 

 

半熟たまごのソースに付けて〜とろ〜〜り!

 

#アスパラって芽の方の取り合いだと思ってたけど

#茎の下の方がみずみずしくてスキになった

#アスパラの概念ひっくりカエル🐸

 

 

 

スモークした生ハムと合わせるとドイツ風!

 

 

 

ホワイトアスパラはよくポーチドエッグと合わせますが、やはりとろける卵が合います!

 

 

 
ドイツビールと合わせて〜〜

 

 

 

 

ドイツソーセージとハムのランチプレート!

 

 
細いアスパラと太いさぬきのめざめ。極太やわらかアスパラガス〜〜〜
 

 

 

 

 

ヴァイツブルスト!白いソーセージ。

本場ドイツでは皮をむいて食べます。甘いジャムと合わせて〜〜

 

 

 

さぬきのめざめ、ふしぎと太いほうが繊維を感じませんでした。

 

 

 

いやーーーおいしかった。

やっぱプロは違う!

なんとYuji Saitouさん、ソーセージ職人になる前は日高シェフのお店で修業してたんですって!

ちょっとした合わせ方がうまいー‼️

香川の酪農家のアスパラ生産者 広野牧場さんも喜びま〜す! 

 

@ Feinschmecker Saito(ドイツ製法手作りハム・ソーセージ、ファインシュメッカー サイトウ)

 

 

 

ベジアナ・アスパラアナ・あゆみ

アスパラ100本キターー!香川県が誇る「さぬきのめざめ」極太やわらかアスパラガス

アスパラ100本キターー!香川県が誇る「さぬきのめざめ」極太やわらかアスパラガス

 
アスパラ100本キターー!

香川県 が誇る「さぬきのめざめ」

 

香川県三木町 の酪農家「広野牧場」さんから届きました。

アスパラガスの畑には堆肥たくさん必要 ですが、酪農家には牛フン堆肥売るほどありますからね〜。

循環型農業です。

 

 

 
 

「さぬきのめざめ」の特徴はまず大きさ!
長いものは50cm、Lサイズの2倍以上なのだとか。

穂先が開きにくいのも特徴で、大きく育てても穂先が締まって根元までやわらかさを保ちます。
他の品種より春の萌芽(芽覚め)が早く、1月から収穫が始まり、長い期間収穫できます。
 

シャキシャキとした歯ごたえと、爽やかな甘みあり、収穫直後の新鮮なものは、生でも食べられるそう。

 
 
 
 

この間、東京であった某畜産委員会で「広野牧場」さんと会って、

アスパラ作り出したという話になり、

アスパラ大好きです食べたーーーい!と言ったら、送る送る^^と言ってくれました。

 

イマドキは野菜そのものよりも送料が高くつくので、せめて送料だけ払います〜と言うと、

いらんいらんと言われましたが、アスパラは本当にほしいから、その場で払い、いっぱい送って〜と言いました。ふふふ。

しかし100本・・・。

贅沢すぎ〜嬉しい〜どうしよう。

 

 
とにかく極太!
さぬきのめざめ。

 

全国に流通しているアスパラガスは、ほとんどが「ウェルカム」という海外品種ですが、

「さぬきのめざめ」は、アスパラガスの常識を打ち破る味として、香川県がオリジナル品種を開発し、平成17年に品種登録されました。

 

 
 

キュッと締まった穂先を持つ美しさと、味の良さから、その多くが最高等級にランク付けされます。

 
#さぬきのめざめ

#極太でやわらかい

#太さハンパない

#牛のおかげ


 

この間、同じく広野さんにいただいたシイタケも分厚くてカンドー美味でした!

お肉みたいなむっちり肉厚しいたけ!

しいたけステーキにしました^^

#農家がトモダチでよかったー

#持つべきものは農家のトモダチ

 

だね〜!

さあ炙って食べるのがおすすめだそう^^

 

 

 

ベジアナ・アスパラアナ・あゆみ

 

庄内で訪ねた「多層民家」。雪の中に茅葺き屋根の民家が2軒ひっそり佇んでいました。

庄内で訪ねた「多層民家」。雪の中に茅葺き屋根の民家が2軒ひっそり佇んでいました。

 

鶴岡へ仕事だったので、前日入りして訪ねてみたいところがあった。

豪雪地帯、田麦俣の「多層民家」である。


鶴岡市のHPで見つけて、なんと美しい茅葺き屋根だろうと思った。

雪国の農村文化を知ることにもなるだろう。

https://www.tsuruokakanko.com/cate/p0136.html

 

多層民家はここに2軒、並んで佇んでいる。

 

 

 

 

赤い車は、庄内空港で借りたレンタカーです。

 

行く途中、ナビが通行止めだと言い出したので、役場に電話で確認すると、

冬場も開館し、道路も問題ないという。

「まず、手前のお宅(管理人の住まい)で、チケットを購入してください」と教わった。

 

 

集落の規模を物語る小さな郵便ポスト。

 

左サイドの表示を確認すると、一日一回は集めに来ているようだ。

 

 

 

手前の民家の管理人さんは、ばあちゃんであった。

「民宿かやぶき屋」として、暖かい季節は営業しているらしい。

http://www013.upp.so-net.ne.jp/gauss/minka01.htm

 

一人300円ですと言われて払い、チケットにはんこを押してもらった。

なかなかの佇まいだったので、写真を撮らせてくださいと言うと、

恥ずかしそうに少し微笑んでくれた。

隣の多層民家の入り口に、電気のスイッチがあるからつけてどうぞ見学してください、ということである。

あとで調べると、御年94歳であった。

なんとフェイスブックページがあった!(いま知った)。

https://www.facebook.com/tamugimata/

 

 

これが訪ねたかった多層民家「旧遠藤家住宅」である。

冬場でも開館しているとはいえ、実際訪ねてくる観光客は稀だろう。

一応、圧雪してるので、中に進むことができた。

 

 

このコモというのか、ゴザのような雪囲い(稲わらではなく細い煤竹のような素材)をめくると、中に入ることができる。

 

 

 

玄関の内側

 

 

ということらしい。

 

 

わらじやわら靴もいろいろ

 

 

農作業の背負子とかいろいろ

 

 

 

 

3階建てで、屋根の内側はこんなかんじ

他にも農機具や馬ぞりなどいろんな道具があったが、電気はつけたもののうす暗いのであまりいい写真は撮れない

 

 

屋内用のほうきの名前は「なで」であるなど、丁寧に名前を書いているので、昔の暮らしを知る上で貴重な資料だろう。

 

 

土間のことは、

 

 

「にわ」と呼んでいたそうだ。

いろいろ丁寧な説明書きがある。

 

 

薪を積んだ壁に、かっこいい写真のポスターが貼ってあった

 

 

(うす暗いのでの手ブレでピンぼけですが)

岡本太郎さんが、1962年にやってきて撮影したと書かれてある。

岡本太郎さんといえば、秋田のなまはげや縄文文化、沖縄文化を”発見”した功績でも知られるが、昭和37年にここを訪ねていたということに改めて驚かされた。

 

太郎さんの足跡をたどれたのかと思うとわたしは嬉しくなった。


市のHPによると、この多層民家は、昭和49年4月、山形県有形文化財に指定されました。とある。

それより12年も前に岡本太郎はこの多層民家の価値を見いだしていたのだ。

https://www.tsuruokakanko.com/cate/p0136.html

 

 

 

わたしは2019年2月27日に多層民家にやってきました。

雪に覆われた茅葺き屋根は、それはそれでたくましかった。

 

 

 

こっちは、管理人のばあちゃんの住まい。

 

 

 

こっちは、旧遠藤家住宅。

中に囲炉裏は2つ(「台所と居間」に。それぞれ「でえどこ、おまえ」と呼ぶらしい)

あったが、人の営みがないので屋根雪が溶けないのだった。

 

 

 

鶴岡市平野部に雪はほとんどなかったが、

湯殿山へ向かうにつれ標高が高くなり、田麦俣はまだ雪深い。

 

 

豪雪地帯だからこそ水に恵まれ、農業が営めるのだ。

 

 

 

田麦俣には2軒の多層民家が静かに並んで建っている。

雪の中にしっかり根を下ろして隣の家を守るように暮らしている。

管理人のばあちゃんが住んでいる(左の)屋根雪のない多層民家はまるで、

ばあちゃんそのものであった。

 

翌日は、JA庄内たがわ「総代研修会」という、地域農業のリーダー400人ぐらいが集まる大きな大会であったので、

「昨日は田麦俣の多層民家に行ってきました。行ったことある人いますか?」と聞くと、

手を挙げてくれたのはほんのわずかで、ほとんどの人が行っていないとわかった。

(文化財なので知ってはいるだろうが、農家がわざわざ田舎の古民家を訪ねても珍しくないし、見に行きたいとは思わない気持ちも大いにわかる気はするが。それでも。)

正直、冬場ということもあるのか、民家内部の展示や掃除は人の管理が行き届いている状態ではなかったけれど、庄内地域で農業を続けるということは、こうした江戸時代から続く農村文化を知っておいて、損にはならないとわたしは思った。

 

先祖はどのようにしてこの雪国で暮らしてきたのか。

田を耕し、米を作ってきたのか。

稲わらでわらじやわら靴や蓑笠を編んできたのか。

 

これからの農家は、自分たちの作るコメはどこから来たのか?どこへ行くのか?

まるでゴーギャンの言葉だが、

作るとき、そういうことを考えるのと考えないのとでは、大きな違いが出るのではないだろうか。
農家 は“物”ではなく“物語”を作る時代だと思うゆえんである。

 

その夜、宿でたまたま読んだ新聞、荘内日報によると、

庄内地域の米の作況指数は98で、今後のテーマに「気象に左右されない米づくり」を掲げていた。

翌日、JA庄内たがわの黒井組合長に伺うと、

今期は渇水、豪雨、高温などで、平野部の稲のダメージが大きかったが、

中山間地の稲は比較的ダメージが少なかったという話に衝撃を受けた。

 

ということは、平野部の大区画・大規模農業だけではなく、中山間地でも、あちこちで多様に生産することが庄内の強みになるということに他ならない。

一極集中より多様性がしなやかで強い。

山は里を、里は山を、思い合う。

 

庄内はまさに伝統野菜の息づく地域。

多様な種を受け継いできたからこそ、人々は生きてこられた。

食べものも、人も、性別も、人種も、生き物も、多様性が豊かさを育んできた。

 

 

山深い集落に息づき、歴史をいまに伝える民家やその暮らしを尊重することをやめてしまったら、日本人は一体どこへ行くのだろう。

 

 

ま、そんなわけで、多層民家に行ってきました。

 

 

 

ベジアナ・かやぶきアナ・あゆみ

みんながイキイキ助け合い支えあっておいしい牛づくり!

みんながイキイキ助け合い支えあっておいしい牛づくり!


牛づくりは人づくり

人づくりは牛づくり を掲げる青森 十和田市の農工園‼️

みんなでわいわい、イキイキと働く活気ある牧場!


農福連携の優良事例であり、

良質な子牛や和牛の生産で優秀な成績を収めています。




和牛生産は、牛の観察が大事です
牛とふれあい


毎日1時間、念入りにブラッシングすることで牛とわかりあえる気がしました。


きわさんと利用者のみんな
りゅうせいくんと牛の名前まりゅうせいくん


さあ
パドックで外のお散歩だよー


牛の名前をぜんぶ覚えている人もいます!




坂本理事長とのりこさん



 そりゃあみんな行き過ぎたり足りなかったり特徴あるけれど、人間だもの。個性あるよね。

そうしたパーソナリティを #認めて #活かす

本来、農の場にはそうした包括的な力があるはず








ミルクやりをやらせてもらったらミルク飛び散ったーー!




わたしも型にハマれない人間だから、彼らといると仲間に会えたようで嬉しい気持ちになりましたー!


そんな牧場で育てられた牛肉を食べてみたいと思いませんか。





不定期で買い戻して直売しています。



わたしがおいしい、ありがたい、大事だと思う食べものとは、こういう食べもの。

誰がなんと言おうとも。


  

「あゆみ」という牛の子ども(オス)に名前を付けさせてもらいましたー!


その名はーー蓮根!

オスの名前は漢字、メスはひらがなと決まっているんだって!


ありがとう農工園のみなさん😍

また会いに行きます


ベジアナ  牛アナあゆみ

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス