小谷 あゆみ | ごちそう♡さがしドットコム - Part 4

「 小谷 あゆみ 」一覧

佐渡の齋藤さんから新潟の新しいお米「新之助」が届きましたー!きらめく大粒、コクと甘み

佐渡の齋藤さんから新潟の新しいお米「新之助」が届きましたー!きらめく大粒、コクと甘み

{4BFAD554-B294-42AD-BB4A-01D8BC789610}

 

 

佐渡の齋藤真一郎さんから新潟の新しいお米「新之助」が届きましたー!

 

{34BC8A83-0CBE-4484-BA6A-A35A1B44B743}

 

新潟県が開発してこの秋うまれた新しいお米「新之助」

 

image

 

ふっくらツヤツヤ #粒が大きい‼️

噛みしめる度に甘みコク旨み粘り

おかわりくださーい 


 

image
image
 

朱鷺と暮らす郷世界農業遺産 に日本で初めて登録された佐渡!

 

 


トキの生態を知り、トキが棲み易い環境と米づくりを融合させた環境保全型農業を営む齋藤さん!

 

 

田んぼ脇に「江」という溝を切り、朱鷺のエサとなる生物を育む生物多様性そのものの米づくり。

2年前の夏、大地を守る会 の皆さんと訪ねたとき齋藤さん達があまりにもトキの生態に詳しいことにわたしは驚き感動しました。

 

 

農業講演会などで心に訴えるおいしい米づくりとして、いつも佐渡のトキと生産者の関係を話します。

農業(農業者)は自然界と社会をつなぐインタープリター(自然解説員)ではないか。

自然(地形、気象、生き物)と共生し、環境を破壊するのではなく、活かし(耕し)ながら自然の力を恵みに代える仕事(人)。

 

 

写真は15年8月、大地を守る会のみなさんと訪ねた佐渡の棚田

おいしい記憶とは、食味だけではない価値があります。

 

image

 

image

 

昨日の 和歌山みなべ田辺の梅システムについての

GIAHS (世界農業遺産)の発表でも

武内和彦先生が優良事例として佐渡の生産者とトキ保全の関係を話していました。

 

おいしい!のその奥のハッピーな物語なくして未来に喜ばれる持続可能な生産があるでしょうか〜。

 

 

image

 

まあそんなことよりおかわりくださぁぁい。


 

きらめく大粒、コクと甘みが満ちている

 

 

新潟の新しいお米「新之助」のキャッチコピー!

http://shinnosuke.niigata.jp

 

 

ベジアナ@お米だいすきアナ・あゆ

 

 

 

 

 

みなべ田辺の梅システム 世界農業遺産フォーラムでした

みなべ田辺の梅システム 世界農業遺産フォーラムでした

{B4347A88-8BC4-4A2D-B7CF-169FD3E7AC2E}


みなべ田辺の梅システム   
世界農業遺産フォーラムでした

{AF4ED1A4-B629-4853-9DD7-C9E52B917750}

{7F9F0B9E-1439-4E0D-820F-5BBE68D29CB4}

なんと武内和彦先生
小学3年生のときに書いた絵
お母さんがとっておいてくれたそう
和歌山の自然の中で祖父の炭焼きを見て育った
いまはなきお母さん
ふるさとを思う気持ち
地球規模の環境を考える世界的な研究者の先生もふるさとのお母さんから生まれたのだ


{80DB4866-3A2B-4E18-99CF-025B31E78905}

みなべ田辺の梅システム
評価されたのは、地域を活かした循環のシステム!


{D38FE791-BF07-44C0-9851-93CF92921FA7}

{710BBBB9-54CC-47C1-BF72-25CFAC440A24}


世界農業遺産は未来志向である
進化する知恵が尊いのだ

{AD0F7096-0A15-4E93-959B-EFC0063A114A}

{A23F7603-AAFF-4D95-BF99-1150CB24174E}

{6F0345EF-D5FE-4149-BF83-9B5EAA56F616}

{836DAC60-7A83-434C-BBA5-8412DA1DE877}

{2F6A46A2-29ED-4268-AEBB-2A3C4B9A7671}

{5671A4C1-D4A5-4C90-AEEF-699406084136}

国連の自然保護大使をされている
イルカさん
みんな同じ生きているから
1人にひとつずつ大切な命
みんな同じ地球の家族
1人にひとつずつ大切な命

会場のみなさんとアカペラで合唱した

泣けた

まあるいいのち

なんて示唆を含んだ詩なのだろうと思った

{61A496F4-FB1E-4C0B-AA39-739FA0C10F72}

会場隣では梅まつり開催

{AD59A1F2-C08F-4B11-99B1-8EDD8B830466}


いろんな梅干し食べた


{790B6713-9FB9-437B-AE97-E1CC0A36B769}


国連大学のイヴォンさんも登壇
梅酒ソムリエさんと飲み比べ
日本に2000種類の梅酒あるそう

みなべ田辺の梅システム   
世界農業遺産フォーラム
ありがとうございました

来年8月は東アジア農業遺産学会が和歌山で開催されます



ベジアナあゆみ

NO IMAGE

#日本最西端の地域 の碑にやってきましたー。強風の中テンションMAXで単独で動画を撮る人…

NO IMAGE

与那国島で撮った写真が多過ぎてキャンペーンがおわりませ〜〜ん#島とうがらし 各家で作るか…

NO IMAGE

#雫石神社 石に水の雫がたんたんと落ちた音から土地の名がついた。雫石 すてきな響きですね…

NO IMAGE

初宿の雪をつかむやツアー客香魚雫石の朝〜!雪だ雪だ冬がキター初夢!湯けむり!露天風呂…

NO IMAGE

#雫石町 にキター!水の豊かな雫石川雪化粧の岩手山何もかも美しい水稲と和牛の前田さ…

NO IMAGE

韓国の #生マッコリ に生きた酵母と乳酸菌が多く含まれていることが東京農業大学の成分分析で…

韓国の #生マッコリ に生きた酵母と乳酸菌が多く含まれていることが東京農業大学の成分分析で明らかになりました! #マッコリ広報大使 として #鈴木奈々さん登場〜! マッコリを飲むとイチャイチャしたくなっちゃう〜とかわいい発言も❤️ #飲む美容 #美の酒 #マッコリでニッコリ〜! 発表会司会してたら、#食べあるキング #激辛グルメ、#韓国グルメ 姫ちゃんも取材に来てびっくりマッコリ〜❣️ #韓国農水産食品流通公社 金支社長と記念にニッコリマッコリ〜! ありがとうございました。 さて今からマッコリおみやげに盛岡へ行ってきマッコリ〜〜( ̄▽ ̄)

Ayumi Kotaniさん(@vegeanaayu)がシェアした投稿 - 2017 Nov 15 8:32pm PST

幸せの経済学ヘレナホッジさんのお話を聞きながら感じたり考えたこと。

幸せの経済学ヘレナホッジさんのお話を聞きながら感じたり考えたこと。

image

 

幸せの経済学 ヘレナホッジさんのお話と、

オーガニックコットンの母 渡邉智恵子さんの対談フォーラムでした。

ローカリゼーション。

 

image

 

ビッグピクチャーを持つこと

 

image

 

世界中でマネー一辺倒の仕組みを変える運動が起きている

だけど、マスメディアはそれを伝えない

だから、一般のわたしたちは与えられる情報だけを鵜呑みにしていたら、

いつまでもこうした社会の、世界の、地球規模の動きに触れられない。

 

 

image

 

ヘレナさんのスライドで衝撃的だったのはこれー!!!
イギリスは牛乳を11万トン輸入して、11万トン輸出している。
アメリカはじゃがいもを36万トン輸入して、32万トン輸出している。牛肉を95万トン輸入して、90万トン輸出している。
えええ@@とびっくりして、うそーと笑うぐらいおかしな数字に…

びっくりした…
異常な数字に呆然。。。
誰のため?
誰が喜ぶ?
そのしわ寄せは誰に?
フードマイレージどころの話じゃないですねー。

 

ほんとうに輸出戦略の意味、考えてしまいますねーーー。
そして私たちにできることは何か?
政治家を、大企業を責めるのではなく(責めたい人は責めればいいけど反対するだけではなく)、
あるべき生産と消費の関係、ハッピーな関係の実践をもっと広めるべきだと、ヘレナさんも話しておられました。

 

わたしもそう思いました。
グリーンコンシューマー
エシカルコンシューマーのことを考えた。


消費者がかしこくならなくては!

 

ひとりひとり消費行動で、社会は変えられる。

みんなが気づいて賢くなるにはどうしたらいいんだ。

 

 

image

 

image

 

そのカギを握るのが、先住民!!!

ネイティブ!

 

image

 

ラダック地方の子供達。

ヘレナさんが監督した「しあわせの経済学」のシンボルでもある写真。

 

image

 

ECOリテラシー

 

imageimage

 

地産地消、コミュニティが支える農業=つまり、CSAだ。

コミュニティがサポートするアグリカルチャー。

 

話を聞きながら、考え方としてはやはり地産地消より「友産友消」。

しあわせの経済とは、友だち経済 だろうな〜〜などと一人で考えていた。

 

image

 

ファーマーズマーケットの重要性について。

以前、農業新聞コラム(4/25)にも書いたのだけれど、

農の価値(例えば農産物)が産地から都市側に移るとき、実はもっともおもしろく感動のある瞬間なんじゃないか。

それをわたしたちは業者に委ね過ぎてきたのではないか。

もっとも”おいしい”部分を。

農作物はデータではない。

メール添付することはできない。

Amazonに宅配してもらうことは…できても、それは物質の移動でしかない。

そこに付随するいちばん大事な”物語”が、

鮮度と一緒に途中の道ばたに振り落とされてしまった野菜製品でしかない。

 

農産物は商品か。

たしかに商品でもあるのだけれど、それだけか。

マネー経済より、しあわせ経済とは、そこへの問いかけなのではないか。

 

もしもわたしがインタビュアーだったら、そんな投げかけをしたかったな〜

などと後から考えていました。

 

image

 

ローカリゼーションとは、多様性である。

みんな違って、みんないい。それが共存共栄、みんな共生。ですね。

 

image

 

小規模で多様な農家が、じつは工業的農家の10倍の生産性だという。

そう。

数年前に、国連によるFAO(食料農業機関)がまさに「国際家族農業年」を制定した。

地球規模で考えると、数億人の命を救っているのは、小さな家族農業なのだと。

あの話を思い出しました。

まさに、FAOのGIAHS、世界農業遺産の考えに通じます。

 

image

 

ローカルビジネス

 

image

 

地域が融通し合うローカル経済圏では、そうでないより3.5倍裕福だという数字。

 

 

image

 

地産地消のためのスローマネーの動きも。

信用金庫が地元の商売を支援する仕組みとしては、

岩手県西和賀町のユキノチカラプロジェクトをこの3月にまさに見てきました。

まさに、ESG投資です。

環境、ソーシャル、ガバナンスを考えないと金融機関自体、持続可能にならない。

 

image

 

人生を祝福し、幸せを育む。

 

image

 

それが、しあわせの経済学。

みんなハッピー!

 

image

 

オーガニックコットンの母アバンティ@ 渡邉智恵子さん登場。

一般財団法人 森から海への代表理事でもあります。

http://morikaraumie.jp/about/

 

 

image

 

全国で国産の綿づくり。

まさにエシカルな活動家。

 

image

 

image

 

こんど、12/10に森里海会議が開かれます。

森は海の恋人の畠山さんもスペシャルゲスト出演!

https://hello22c.wixsite.com/morisatoumi

 

image

 

オーガニックライフスタイルEXPOの徳江さんもPR

 

image

 

参加してくれた和美ちゃんと乾杯〜!

金沢マラソン完走おめでとう^^

わたしも与那国からただいま〜とかいろいろね。

 

 

#地域内の経済

#お金じゃないしあわせ

#目に見える作り手

書き残したい話だらけですが、取り急ぎの報告〜〜


私たちにできることは何か?
大きな力に巻きこまれて何のために生きているか生きる意味を失わないように。

知り合いもたくさんいて嬉しかった。

ありがとうございました。

 

12/10に森里海会議でお会いしましょう〜。

わたしも司会します。

https://hello22c.wixsite.com/morisatoumi

 
ベジアナ@しあわせ経済アナ・あゆみ
 

世界農業遺産みなべ田辺の梅システムと持続可能な生産と消費のシンポジウム

世界農業遺産みなべ田辺の梅システムと持続可能な生産と消費のシンポジウム

 

11/19(日)はこれー!
みなべ田辺の梅システムフォーラムin東京
世界農業遺産(GIAHS)の生みの親!

東京大学サスティナビリティ学連携研究機構の武内和彦機構長が、国連の自然保護大使でもあるイルカさんと講演シンポジウム〜!
伝統農法を育んで来た地域の生き方・暮らし方、農村の哲学そのものこそ世界が(国連が!)認める価値なのです〜。

 

武内和彦機構長が編集長を務めるサステイナビリティ・サイエンス誌の記事は、なんと!2016年シュプリンガー・ネイチャーによる『論文が世界を変える』プロジェクトで紹介された120の論文の中で、最も読まれた論文として選ばれました〜!

その記念の武内和彦機構長インタビューはこちら(←youtube/英語インタビュー〜)

 

そんな国際舞台で活躍する武内先生、じつは和歌山県のご出身〜!

和歌山紀州の梅干しを食べて心身も頭脳もすくすくお育ちになったんですねー^^

 

み〜んなが自分のふるさとを大切にする気持ち♡

それ以上の地域の力強さがあるでしょうか。
 

それこそが地域への誇り、シビックプライドです。
わたしももちろん参加しま〜す♪
うめまつり たのしみ〜!
 

 

また来年1/20(土)には「いま次世代と語りたい未来のこと〜持続可能な消費と生産」と題した第2回イオン未来の地球フォーラムがあります。
 

◎細田衛士 [慶應義塾大学 経済学部 教授]

持続可能な消費と生産を考える

◎八木信行 [東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授]

漁業の持続可能性に関する国際機関での取り組み

◎三宅 香 [イオン株式会社 執行役 環境・社会貢献・PR・IR担当]

イオンにおける持続可能な調達と消費の取り組み

 

3人の基調講演をふまえて、持続可能な社会を次世代と一緒にデザインしていくために必要なこと、そのために私たち自身ができることは何か。

会場のみなさまをまじえて討論し、成果をまとめて発信します。

 

お申し込みはこちら→ http://aeon-futureearth.jp

わたしも参加しま〜す。

#FUTUREEARTH

 

東京大学安田講堂でお待ちしていま〜す。

 

 

ベジアナ@サスティナブルアナ・あゆみ

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス