小谷 あゆみ | ごちそう♡さがしドットコム - Part 5

「 小谷 あゆみ 」一覧

東京のどまんなかにできた都市型牧場!大手町牧場で家畜を知ってもらいたい

東京のどまんなかにできた都市型牧場!大手町牧場で家畜を知ってもらいたい

東京のど真ん中に大手町牧場ができました。

 

 

生き物だから、出すもの出すよね〜〜。

 

 

 

豚も山羊もいます

 

 

 

餌やりで山羊にびっくりする大臣

 

 

 

 

斎藤健農林水産大臣も駆け付けてお祝い。

「東京大手町のビル13階の牧場はいかがですか〜」と質問したら、

「びっくり‼️酪農人口が減る中、新しいアプローチに期待したい」とのことでした。

 

 

 

開校式です

 

 

パソナグループ #京丹後 #丹後王国 の運営です

伊藤社長

 


 

東京の都会の人向けにはじめる酪農と食を考える拠点としての牧場。

まずは単発の牛乳・乳製品についての講座から酪農、畜産、農業に親しみを持ってもらおうという取り組み。

東京駅のすぐそばにある牧場!

これから話題になりそうです❣️

 

 

 

農水省 畜産振興課の関村畜産技術室長のレクチャー

 

 

 

 

 

 

小鹿野町のログハウスの酪農家吉田さん。



 

牛がお乳を出すのは出産したからなんだよ。と、出産シーンを丁寧に解説。

逆子を人の助けで救いだす映像。

命の誕生にじ〜〜ん。

 

 

大手町や丸の内のビジネスマン、都内近郊の学生や若い人達が、会社や学校帰りに大手町牧場で酪農講座を受け、そこから酪農家が誕生したらすばらしいですね〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 


 

「酪農」と「食」を学ぶ総合的な人材育成プログラム

9月22日『大手町牧場学校』開校式

 

株式会社丹後王国(本社:京都府京丹後市、代表取締役社長 伊藤真人)は

地域産業の担い手となる「酪農」分野の人材育成や、健康的な食生活を送るための「食育」に関する人材育成プログラム『大手町牧場学校』を開校

 

今年8月、パソナグループJOB HUB SQUARE(東京・大手町)に生まれた大手町牧場。

大手町牧場では牛、豚、ヤギなどが飼養され、動物とのふれ合いや様々なセミナーを通じて、酪農をはじめとする農業分野への興味・関心を高めるのが目的。

この度開始する人材育成プログラム『大手町牧場学校』では、

酪農分野での新規就農を目指す方や酪農経営に携わりたい方、

経営発展を志す酪農者などを対象に、「食」を通じて酪農について学ぶ講座や、新規就農や酪農経営を学ぶ講座など、酪農に関する総合的な人材育成カリキュラムを提供

 

ビルの中で飼う家畜。

ご意見あるかもしれませんが、それぐらい酪農、畜産の後継者問題は

起爆剤が必要な状況に来ているとも言えます。

まずは見守りたい。

 

取り急ぎニュース速報〜〜

 

 

ベジアナ@畜産アナ・あゆみ

 

四万十ドラマ の畦地さんに会えたー嬉しいー!四万十地栗のふるさと道の駅とおわ

四万十ドラマ の畦地さんに会えたー嬉しいー!四万十地栗のふるさと道の駅とおわ

 

四万十ドラマ の畦地さんに会えたー嬉しいー!

道の駅とおわ を何百万人が訪れる人気の観光スポットにした過疎の田舎の希望の星として全国的に有名な四万十ドラマのリーダー畦地履正さんです。

 

 

 

昨日東京で開かれた #あしもと会議 に混ぜてもらいました。

全国から地場産の商品開発やPRに取り組む人達が集まる会です。

フードアクションニッッポン 田中さんありがとう☆ 

都城 の西川さんも会えました!

福島県西郷村の兼松さんとお隣の席になってびっくり。

家畜改良センターのある西郷村へはよく行っています!

 

黒潮町出身で中村高校 だと畦地さんに話すと #四万十市民大学 のポスターで見ちょったと喜んでくださいました。

 

 

 

うわさの 四万十地栗! 

これは早生で既に50g!10月には70gになるとーー!

この間の台風で四万十町の栗も被害を受けましたが、剪定しちゅう栗の木は落果がなかったと。やっぱり匠の技術が大事よねえ。

栗のカリスマ剪定師のお父さんに会ってみたい〜。

 

 

 

新潟の越後雪室屋さんとコラボしてさらに甘みを乗せる方法を開発し、四万十地栗、ますます進化中〜!

 

前に茨城の干し芋生産者安さんに 糖度を高める貯蔵法 #キュアリング というのを習いましたが、雪がおいしいものづくりの役に立つなら、豪雪も厄介者ではなく歓迎されます。#ユキノチカラ です。

高知の四万十で生まれた栗が雪国・新潟まで旅をして甘くおいしくなるとー!

#旅する四万十地栗!

#旅して甘くなる四万十地栗

 

田舎と田舎が直接つながることで新しい価値を生み出す時代よね。

#あしもと会議。さすが名前がええでねえ。

おまんのあしもとを見いや。ちゃんと耕したらそこにはどんな有名な作品よりすばらしい本物の人間のドラマがあるき。

ふるさとがそう教えてくれたような四万十ドラマ@畦地さんとの出会いでした。

 

 

写真は7月に帰省して立ち寄った道の駅とおわの様子です。

 

 

 

そういえばこの間、中村のホテルで #梅原真さんご一行 を見かけしました。

#川から学べJPDA四万十100人デザイン会議 の下見に来ちょうみたいでした。

全国からパッケージデザインのクリエイターが辺境の地・四万十に集まるがとー。四万十ますますおもしろくなるでね〜〜!

ふるさとのご縁うれしいありがとうございます☆

 

 

ベジアナ@四万十アナ・あゆ

ふるさとの田んぼ 稲わら資本主義で行こう!地球の未来に歓迎される持続可能な農業

ふるさとの田んぼ 稲わら資本主義で行こう!地球の未来に歓迎される持続可能な農業

この間、四万十市へ29年ぶりに帰省して講演させてもらったまではよかったが、
会場からの質問で

「あなたはなぜふるさとのことをPRしないのか」と言われて、

 

う。

 

言葉に詰まった。
 

 

ずいぶん長い間(確か25年)ふるさとへ帰れなかったから話せなかったのだけれど、

実家は黒潮町で、高校はその隣の四万十市。

(昔は佐賀町と中村市でしたが、帰れないでいたうちにそれぞれ合併してふるさとの名前は変わっていました。)

 

この夏帰って実家の前の田んぼを見て思ったのは、
ああわたしはこの風景を求めて、日本じゅうの農村を、よそ様のふるさとを旅して回っていたのか〜と。

自分のふるさとや家に課題を抱えていたから、農村や家族(介護)問題を仕事をするようになったんだな〜と。

 

 

ふるさとへ帰省して稲刈り後の田んぼを見て考えたことを

日本農業新聞 今よみコラムに書きました。
水田は社会共通資本 

地球の未来から歓迎 

https://www.agrinews.co.jp/p38066.html/p41945.html

ちょうど最近、

経済学者 宇沢弘文先生の「人間の経済」を読んでたまらなく感動したので

強引に引用してみました。

そうしたら、なんと、昨日9/18 が宇沢弘文さんの命日だったと知りました。

 


#黒潮町

#四万十市

#四万十川

#沈下橋

#里山資本
#ESG投資
#稲わらで投資
#カツオのわら焼き

#四万十清流農場
#文旦の追熟
 

 

日本農業新聞 今よみコラム
https://www.agrinews.co.jp/p38066.html/p41945.html

 

 

ベジアナ@あゆみ

シキタ純さんありがとうございました。遅ればせながらの追悼に代えて

シキタ純さんありがとうございました。遅ればせながらの追悼に代えて

NPO法人ビーグッドカフェ代表のシキタ純さんがなくなった。

9月10日、66歳だった。

事務所の太刀川さんから知らせをもらったのに、わたしは高知出張でお通夜にも告別式にも行けなかった。

自分なりの追悼を記しておかなくてはと思った。

 

シキタさんのことを知っている人には有名過ぎておいそれと説明できないし、知らない人にはまた幅が広過ぎて全貌がつかめず、存在がすご過ぎて難しい。

シキタさんのやってきた全仕事のほんの一部分に過ぎないけれど、この5、6年はよくかわいがってもらった。あるいは、わたしという人間をおもしろがってくれたように思う。

うちの家からビーグッドのある三軒茶屋は近いので、打ち合わせに何度か自転車で訪ねたりもした。

 

ブログで過去をたどると、最初にご一緒したのは2011年のジビエで地域振興のキックオフだったと記憶している。(あらゆるムーブメントのキックオフをするのがシキタさんだった。)

今でこそ食べて消費や地域振興にと国の施策でも言われ出したが、

鳥獣害を嘆くのではなく、おいしく食べて消費し、山の恵みとして歓迎して行こうというコンセプトの先駆けであった。

日本農業新聞の田宮さんらが立ち上げたこの動きにわたしも司会と取材も兼ねて参加させてもらった。

生まれて初めてカラスのお肉を食べたのもこの一連の会でした。

つまり、シキタさんの仕事は企画がおもしろいのだ。

 

価値観を逆転する発想で、地域の課題を解決し、しかも、話がハッピーでエキサイティングでおもしろいのが、シキタさんのやってきた仕事だったのではないかとわたしは勝手に受け止めています。

 

さっとブログ検索をしたわたしの関わったものだけでも14のイベントやシンポジウム、フォーラムの類がヒットしたので、それをまとめて記録しておこうと思う。

 

田舎から日本を変える♡総理公邸でスーパービジョンズでした

[2017年01月26日]

ビーグッドカフェ@シキタ純さんと!総理公邸に北海道から九州まで全国の田舎からとんがった活動で地域をおもしろくするすっごい人達大集合〜〜

 

わたしの知る限りここ最近で、もっともおもしろく刺激的だったのは「田舎から日本を変えよう〜SUPER VISIONS」のフォーラムでした。

2015年から5回開催され、そのすべての主催がシキタさん率いるビーグッドカフェで、わたしは5回とも司会の手伝いをさせていただいた。

2回目あたりからは、

「あなたが全国で見てきたおもしろい人紹介してよ」とシキタさんに言われ、

チャレンジする生産者や、地域の活動家やイノベーターを紹介させてもらいました。

 

以下、すべての会の記事をはりつけます。

{F3C7E81E-0E73-4CB0-BC2B-C8CEE3707C24}

総理公邸で田舎から日本を変えよう!SUPER VISIONS・・・

[2016年06月09日]

田舎から日本を変えよう! (総理公邸にて)

お隣から、安倍昭恵夫人、主催 ビーグッドカフェ!シキタ純さん、そしてロハス第一人者の大和田順子さん・・・

 

総理公邸でsupervisions 田舎から何が始まるのか日本たのしみ!田舎!ニッポン!おもしろい人だらけ~~。

[2016年01月28日]

 

この集合写真を見て思い出すのは、

写真を撮るとき、シキタさんの隣にわたしが並ぼうとすると、

「あなたが前に行きなさい」といつも前を譲ってくれたことです。

毎回そうでした。

文字通りシキタさんに背中を押してもらったことがこの写真から思い出されます。

いろんなプロジェクトを率いるリーダーだったけれど、同時に、

ジェントルマンでした。

人を上や下に分け隔てることなく、フェアに人を見ていたように思います。

「あなた」と呼ばれるなんてなかなかない。

へえ!と思うときは素直に「すごいね!」と眼を丸くして言ってくださり、

えらぶることのない、人を悪くいうのも聞いたことがありません。

ほんとに性格のいいリーダーで、どこかかわいい人でした。(失礼ながらなにか茶目っ気がありました)

 

 

・・・加藤大臣も挨拶され、 田舎を楽しくするドキドキプレゼン~イノベーション‼️ SUPER Visions仕掛け人のお2人は〜安倍昭恵夫人、Be good cafe代表シキタ純さん、ありがとうございます*\(^o^)/* ・・・

 

 

田舎から日本を変える❗️総理公邸でありました。

[2015年08月19日]

ご参加の皆さま、ビジョンズ・シキタ純さんありがとうございました。 日本は田舎がおもしろいと確信・・・

 

{9F495CCF-A427-4915-B056-F77D3F95024F:01}

安倍総理夫妻と公邸で田舎から日本を変えようフォーラム!

田舎から日本を変えよう❗️総理公邸VISIONSフォーラムでした。 

[2015年05月19日]

全国の田舎から地域の宝を発掘し、より輝く活動をするフロンティア✨ 農業、棚田再生、田植えフェスティバル・・・

 

エコプロダクツ2日目終了〜\(^o^)/

[2014年12月12日]・・・

「田舎から日本を変える!」と題して、 えがおつなげて 曽根原久司さん、 英田上山集楽棚田団のカッチさん、 NPOビーグッドカフェ@シキタ純さん登場

\(^o^)/

 

 

{E1996DFE-2F43-4389-8109-306B8B1302D7:01}

エコプロダクツ2013!エシカルがカッコいい♡

[2013年12月15日]

学び多いエコプロダクツ 3日間。 よしもと再生可能ボーイズもおもしろかったー\(^o^)/

 

エコプロの司会は2年連続でやらせてもらいました。

 

 

限界集落イキイキ宣言キックオフ!の司会でした

 

[2013年11月14日]

水源の里イキイキプロジェクト 里山資本主義の藻谷浩介さん、

綾部市長、半農半Xの塩見直紀さんビーグッドカフェのシキタ純さん! 

綾部のトチ餅のばあちゃん80歳

 

これも忘れられない価値観を変えるプロジェクトのキックオフでした。

限界集落のことを「水源の里」と呼び、市区町村長が集まって田舎らしさを

喜んで発信して行こうというフォーラム。

このおかげでわたしは、綾部市の山崎市長や半農半Xの塩見直紀さんや、

里山資本主義の藻谷浩介さんや、米原市の平尾市長や

いろんなすばらしい方に出会いました。

そして、仕事をさせて頂く機会も得ました。いくつも得ました。

 

 

再生可能エネルギー☆グリーンパワーフェスティバル2013

[2013年09月23日]

この電力を生み出すのにどれだけのエネルギーが必要か・・・。 

それを体感した子供たちは、電気を、エネルギーを大切に使うんじゃないか。みんな体験したらいいのにな。

 

このときの司会で得た発見も大きかったです。

自分の取材テーマにしていた農業という食料生産と、電気というエネルギー生産が

結びつくと考える機会になりました。

発電体験する自転車なんていうのがあって、重いペダルを必死でこがないとテレビが付かないという電力を自分の身体で体験する催しです。

農業体験をすれば、食料のありがたみがわかると考えていたわたしに

大きな学びがありました。

 

投稿写真

美味しいジビエは普及するシンポジウム

[2013年02月28日]

山肉は縄文時代から日本人のDNAに刻まれてきた食文化!シカシチュー!

いのししテリーヌ臭みなくやわらかくておいしい・・

 

 

photo:04

カラスの味!ジビエはおいしい地域の資源(^O^)

[2011年08月27日]

カラスの肉生まれて初めて頂きました。ほんの一切れづつだけ味見しましたが”△#$%黒い足にさすがに…日本農業新聞田宮さんとビーグッドカフェのシキタ純さんジビエで地域おこし懇談会!

 

 

これは冒頭に書いた2011年のおいしく食べて消費しようというジビエフォーラムのキックオフでした。

 

 

 

 

シキタ純さま。

 

日本の課題をいつもおもしろくハッピーにする取り組みを考えて実践して、人々を繋いでくれてありがとうございました。

そうした社会的に、地球規模で意義のある大きな仕事に携わるチャンスをわたしにもいただき、心から感謝しています。

まだまだご一緒したかったこと盛り上げたかったことたくさんありますが、

シキタさんの意志を継ぐ仲間がたくさんいます。わたしも末端の末端の微力ながらその一人です。

 

近所の駅で偶然すれ違ったことがありました。

またあんなふうに出会いそうな気がしてなりません。

 

 

 

 

大きな人に出会えたなあ。

 

 

 

 

 

振り返って思うのは、シキタさんに出会えてわたしの方はめっぽう幸せだったなあ、ということです。

これから恩返しとなるおもしろい仕事をしなくては。

ありがとうございました。

 

 

 

小谷あゆみ

禁断の果実!四万十ぶしゅかん、きょうの 日本農業新聞 に出ちゅう〜〜!

禁断の果実!四万十ぶしゅかん、きょうの 日本農業新聞 に出ちゅう〜〜!

 

 

禁断の果実!四万十ぶしゅかん、きょうの 日本農業新聞 に出ちゅう〜〜!

https://www.agrinews.co.jp/p41930.html

 

 

 

 

4日前に四万十ぶしゅかん加工場を訪ねてきたばかり!

 

 


佐田の沈下橋のすぐ手前に8月にできた加工場で選別と果汁づくり。

 

 

集荷も大変な作業です

 

 

 

四万十市では庭木としてぶしゅかん育てゆう家が多いき一軒一軒庭先集荷するがと←大変な労力やけんど地域にとってすごいええことしゆうと思いました!

生産性より大切なものを受け継ぎゆうがよぶしゅかん生産者組合は!

 

 

ぜんぶ無農薬やき果実で売れるがは2割もないがとー。

(これは選ばれたキズのない一級品)

 

 


 

ぶ!

 

 

 

 

果汁づくり

地域の人や東京からインターンの女子が作業中〜

 

 

 

四万十ぶしゅかん 佐竹さん

四万十市農林水産課の坂本さん

 

がんばれ四万十ぶしゅかん姉妹!

 

 

 

種が黄緑色ながよ。

近づくだけで青々したさわやかなぶしゅかんの香り〜💓

 

ゆず、すだちいろいろあるき、総称で #酢みかん て言うがとー。

中でもぶしゅかんはやさしい柑橘。

 

 

〜日本農業新聞より〜

香酸かんきつブランド化ブシュカン商品続々酎ハイポン酢全国へ 高知県四万十市

ブシュカンは直径5センチほどの香酸かんきつ。

ユズより酸味がまろやかで、スダチよりも皮に香りがあるのが特徴。

 

 

 

四万十市ではソウダガツオの若魚新子に果汁をかけて食べる

市内で消費は多かったが県外の知名度は低い

 

ああー!シンコにかけて食べたかったけんどシンコは足が早いき水揚げの数時間後しか食べれん言うてルイのママの由理が教えてくれたーー^^

※写真は 同級生の森近が差し入れしてくれたビンタとぶしゅかんです

 

 

ルイで飲んだ ぶ酎ハイ がおいし過ぎて止まらんなったーー

ぶしゅかんぱーーーい!

 

 

 

禁断の果実!四万十ぶしゅかん

 

 

 

 

いわゆるゴツゴツの仏手柑と四万十ぶしゅかんは別物ながと知らんかった!!!

がんばれ四万十ぶしゅかん

いかん佐賀弁戻らんなったーーー

 

 

 

 

四万十ぶしゅかんヌーボー

サンリバーでおみやげに買いました

 

 

帰りに洋子と四万十ぶしゅかんドリンク買うて飲んだきねーー^^

すかっとやさしいさわやかさ。

 

 

日本農業新聞の記事はこちら ↓ ↓ 読んでね。

佐竹さんかわいく映っちゅうでー

https://www.agrinews.co.jp/p41930.html

 

 

 

ベジアナ@ぶしゅかん応援団東京支部!あゆみ

中村高校の同級生と中高いって佐田の沈下橋へ行ってコートドールでプリンパフェ

中村高校の同級生と中高いって佐田の沈下橋へ行ってコートドールでプリンパフェ

 

佐田の沈下橋にキター

動画をとってみました

 

 

高一の時から仲良かった洋子と〜〜

 

 


四万十市ふるさと応援団 になりましたー!
 

 

中村高校へ由理と洋子とやってきたーー

 

 

水泳部

 

 

パン屋のあさひやがあった

 

中村高校を勝手に訪問しました
同級生ええなあ

 

 

コートドール

 

 

プリンパフェ

 

 

チーズトースト

 

 

京極のお好み焼きへ

森近も参加〜〜

ごちそうしてくれましたー!ありがとう^^
 

 

いちごミルク
 

 

右山へ 直子のおかあさん訪問

 

 

 

ぶしゅかん

 

 

田子の浦でしたか

らっきょうの畑

 

 

 

四万十市民大学 講演盛会ありがとう
四万十市教育委員会
中平正宏市長 さんと記念撮影
田中全前市長 さんご参加に感謝
 

ルイのママのメドレーがすごい
またね、ふるさと
取り急ぎ〜〜

ふるさとの田んぼ道

ふるさとの田んぼ道

 

雨の朝です。

 

(ふるさと満喫し過ぎてブログ滞りすみません。おいおい報告して行きまーーす)


 

台風が近づいてきました。
 

 

 

国道56号線はお遍路道でもあり、意外と若い女の人が歩いているのを見かけました。

 

 


特に誰も振り向いたり足を止めたりしないこの田んぼや畑がわたしのふるさとです。
チャップリンは言いました。
#アップは悲劇になりロングは喜劇になる 
目の前の物事は問題だらけだけれど遠くから眺めるとそれは喜びと美しさに満ちている。
人間の喜びと悲しみを映画🎬に描き続けた喜劇王の言葉
昨日74歳になる父が「俺、加齢臭っていうのあの老人臭とかいうやつするか」と聞いてきた
気にしとるんかーー
ならば身だしなみちゃんとせんかえ〜
#遠くの父は気にならないが近づくと悲劇である
う〜〜ん
適度な距離をキープさせてもらいます
 

 

 

ばいばい橘川
 

楽しかった四万十、幡多地域ありがとう


老いた父も老いた村ももうしばらくがんばりよ〜
わたしはまた別の村の応援に行ってくるきねー(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

ベジアナあゆみ

NO IMAGE

実家なうまさに今日稲刈りを終えた田んぼいまどき珍しい稲わらを並べてあったので#このワ…

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス