里井 真由美 | ごちそう♡さがしドットコム - Part 130

「 里井 真由美 」一覧

NO IMAGE

すき焼き! 犀与亭(さいよてい)/(石川県・白山)/食べあるキング in 白山市 vol12

食べあるキングで食材探求の旅。4人で石川県白山市に伺いました。。。。。 大好物のすき焼き〜!白山市 辰巳町の「犀与亭(さいよてい)」さんへ伺いました。店名は創業場所の犀川が由来だそう。まるで旅館のような店構え。素敵です。 立派な店構え、上質なお肉野菜で3200円からとリーズナブルな価格。ますます魅力が高まります。(画像は2人前)すき焼きは、お店の方が作ってくださいます。 鍋に牛脂を入れ野菜を焼き、お肉を加え特製ダレをかける。関東風でも関西風でもない作り方かと...。(最後に動画あります)とき卵と一緒に至福のひととき・・さらに至福のひととき・・・人気の「牛肉煮込み鍋」もいただきました。卵3個で牛肉を包み込み、すき焼きが完成したような形続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

再び、石川県へ♪***小松市で開催「小松とまと スマイルレシピコンテスト」審査員をさせ…

再び、石川県へ♪ *** 小松市で開催「小松とまと スマイルレシピコンテスト」審査員をさせていただきました(^^) ** 最終審査、「お手軽レシピ」「とっておきレシピ」各部門でグランプリが決定(^^) ** 小松テレビ、北陸テレビさんでも放送 ** レシピブックやク続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

朝から着物で離陸〜♪ ****羽田もすっかりクリスマス ♪朝のオヤツで元気をチャージ♪…

朝から着物で離陸〜♪ **** 羽田もすっかりクリスマス ♪朝のオヤツで元気をチャージ♪早起き過ぎてハイテンション♪小松とまと待っててね(^^) #オヤツはベーグル#感謝感謝です #instafood #instag続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

おいしい「くま丼」。「味処 手取川(石川県・白山)」/食べあるキングin白山市 vol.11

食べあるキングで食材探求。4人で石川県白山市に行きました。。。。。。 白山を、食べる〜♪食材探求レポも大詰めです。初めて食べた!「くま丼」。そう、くま=熊さん。手取川沿いにあるその名も「味処 手取川」へ。「くま丼」「くま蕎麦」「いのしし丼」など気軽なお値段でジビエが味わえ、山野菜、岩魚料理などが頂けます。「うちに来たら、くま丼は必食だよ。他にはないおいしさ。おすすめ!」と、店主の 千菊裕二さん。とても楽しいお方でした。 「くま、いのししは外せないよね」「丼もお蕎麦もいっちゃう?」 メニュー相談はいつも真剣。笑 結局、くまはお蕎麦も丼も両方いただきました。くまって、甘みがありおいしいのです。赤身は嚙みしめるほど旨みがでてくる。続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

⑩ふぐ 卵巣漬け/あら与商店(石川県・白山)で学ぶ/食べあるキングin 白山市

食べあるキングで食材探求の旅今回は4人で石川県白山市に行きました。。。。。。。。。 発酵食品「ふぐの卵巣漬け」を探求します。フグの卵巣は猛毒。それを塩や麹で毒抜きし食べれる状態になったものが「ふぐの卵巣漬け」です。 石川県・白山「あら与商店」に伺い、荒木敏明 社長にお話を伺いました「ふぐの卵巣漬け」は江戸時代から伝わる発酵食。あら与商店さんでは、当時からの貴重な製法を守り作っていらっしゃいます。 ザッと一言で言うと、糠漬けは塩蔵・塩上げを2回(途中で一度洗浄し)してから、糠漬けすること2年。全部で2年半以上かかります。猛毒については、卵巣の皮に空いている穴から乳酸菌が入り、水・アルカリ・炭酸ガスを分解し毒が無くなる説が強いようで、 科学的証明がある訳ではないそうですが、この製法で毒が消えていくそう。この製法が認められて以後、ふぐ卵巣漬けは石川県はもとより、日本で貴重な発酵食品として尊まれています。 。。。。。 メンバー全員が漬け込み作業を体験しました。規定の桶に酒粕→ふぐ卵巣敷き詰め→酒粕。この工程を繰り返します。 酒粕をぺたんっ。ふぐ卵巣にぬ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

⑩ふぐ 「奇跡の毒抜き!」/あら与商店(石川県・白山)で学ぶ/食べあるキング in 白山市

食べあるキングで食材探求の旅今回は4人で石川県白山市に行きました。。。。。。。。。 発酵食品「ふぐの卵巣漬け」を探求します。 ふぐの卵巣は、青酸カリの100倍と言われる猛毒です。それを塩や麹で毒抜きし食べれる状態になったものが「ふぐの卵巣漬け」 石川県・白山「あら与商店」に伺い、荒木敏明 社長にお話を伺いました「ふぐの卵巣漬け」は江戸時代から伝わる発酵食で、この製法は今では石川県白山市・美川地区のみの貴重さで、(一部は、佐渡島にもあるかもしれません) 塩と糠で2年以上漬けなくてはいけない規定があり、ザッと一言で言うと塩漬け(8〜12ヶ月)→糠漬け(18ヶ月)→粕漬け(2ヶ月)という行程。 科学的な証明はまだのようですが、卵巣の皮に空いている穴から乳酸菌が入り、水・アルカリ・炭酸ガスを分解し毒が無くなる説が強いそう... 毒は1年塩漬けをすると1/10、2年の行程で無毒になるそうです(まさに奇跡!?)昭和58年に石川県だけがこの製法を認められ、以来ずっと守られている貴重な発酵食品です。 。。。。。 白山市観光連盟さんにお願いし、メンバー全員が漬け込み作業を体験しました。規定の桶に酒粕ぬりぬり→ふぐ卵巣敷き詰め→続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス