11月, 2016 | ごちそう♡さがしドットコム

「 2016年11月 」一覧

NO IMAGE

伊達屋@福島 食べログ福島県内1位のお店!

この日は結構寒かったのですが1時間並んで行ってきました!!まずこの食べログのランキングを見てください!福島県内で1位なんですね!伊達屋福島県福島市南沢又字下番匠田22https://tabelog.com/fukushima/A0701/A070101/7001032/ご家族経営なのかな?とってもあったかい手作り感あふれる店内!塩ラーメンにしました! 透明度の高い丁寧に取られたスープ。店内には各方面からのお客さんや常連さんなどでにぎわっていて、年齢層もさまざま。どの年代の人にも受け入れられるラーメンなんですね!! ホロホロっとしたチャーシューもとても好み! ごちそうさまでした!!!! 帰りには蔵王のワイナリーも少し見学♪山形は日本酒もワインも作っていてどれも高い品質!素晴らしい! 地下の天然冷蔵庫で熟成させるようです。 お土産にワイン続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

カレーですよ2408(新宿 ゲウチャイ)新宿靖国サイド。タイランチ。

たまに行くタイ料理はいいものです。
ちょっとここのところタイ料理にごぶさたでした。



カレーですよ。



今日は打ち合わせランチになりました。甘利香辛の田中さんと二人です。
先日行われた「カレー婚活」、大変に盛況でした。そのちょいと総括と今後の話し。これはなんだか楽しくなりそうだぞ。いいねえ。

イメージ 1

ランチで入ったお店は、


「ゲウチャイ新宿店」


新宿、靖国通り沿いで歌舞伎町の向かい側。そんな場所なんですが、ビルの2階にあってランチタイムは日差しが明るくて気持ちいい、タイの開放的な空気感を感じるいいお店。
いい場所だよなあ、この街でこの感じは。
入り口には小さなマーケット的に食材が売られているのも気分です。

イメージ 2

さて、注文。
田中さんはゲーンキャオワーン、グリーンカレーのセット。ボクはゲーンペッ、


「レッドカレーセット」


を注文。

実は新宿で会いましょう、という話になった時に田中さんにタイカレーを、というリクエストを受けていました。なんでも仕事の研究のためだそうで、では、東京のタイレストランの中でもスタンダードなお店でのタイカレー、ということでここを選びました。

イメージ 3

辛さの方はかなり控えめになっており、そういうソフィスティケイトされた部分あっての東京でのタイレストラン、イコール日本人の好み、というような理由も研究のプラスになるんじゃないかしら、と選びました。

ボクのゲーンペッ。もっと辛くていいよなあ、と思うんだけど、この日は前の日までちょいとお腹痛かったのがなおったタイミングだったのでちょうどよかったかな。うん、おいしいです。

イメージ 4

そして相変わらず自分のところで漬けたのであろうプリックナンプラーでくさ辛にして食べるわけです。いや、たまらんなあ。こう来なくっちゃダメよ。あ、結局辛くしてるし、、

おいしいランチを食べながら次へ向けての計画なぞを聞いて。意義ある時間です。

イメージ 5

しかしゲウチャイ新宿店、いいなあ。こんなによかったっけ。
大きなガラス張りから日差しが入ってとても気持ちいい。新宿って窓の広くて明るいお店が少ないイメージがあるけどここはいいよね。

おすすめです。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
                    (@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書カレーの本が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。     https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Discover Turkish Foods トルコの食の魅力再発見!

Discover Turkish Foods トルコの食の魅力再発見!

Discover Turkish Foods トルコの食の魅力再発見のパーティーにいってきました! 

トルコといえば、「世界三大料理」の一つです!

ご挨拶されているのはトルコ共和国アフメット・ビュレント・メリチ大使です。

親日派として知られるトルコですが、

2003年は日本におけるトルコ年、2010年はトルコにおける日本年でした。

 

主催者を代表して、エーゲ輸出機構(EIB)、サブリ・ウンルトゥルク会長のご挨拶です。

トルコの農業経済は世界で11番目の規模!

EIBには、8000社近い企業が加盟し、トルコの農産物や食品の輸出を担っています。

 

トルコの豊富な食材を調理デモしてくれるのは〜〜〜奥田政行シェフ!

庄内・アルケッチャーノのシェフで、地域の伝統野菜の発掘にも貢献しているシェフです。

 

一品目は〜〜トルコ産の蕎麦!

野性味ある香りが特徴です。生クリーム、はちみつがかかっていますが、

塩とブラックペッパーの味で見た目ほど甘くありません〜。

トルコ産の蕎麦!おいしい〜♡

トルコといえばドライフルーツが有名!

いちじく、レーズン、ヘーゼルナッツに柿(パーシモン)のサラダ!

ワインビネガーのドレッシングであっさり。

噛むたび違う素材の食感がたのしいサラダです。

デモの様子は会場のスクリーンに映し出されます

 

トルコ産レンズ豆とブルグルリゾット

ブルグルとは、デュラム小麦の丸粒パスタ。クスクスに似ています。

これにニンニクチッップと大葉を刻み、最後にあっつあつのコンソメスープを

テーブルの上で〜きゃああ〜〜〜♪

動画はこちらです

 

スープかけてリゾット風に〜〜〜。

牛肉の色がほんのり変わりました。

 

ブルグルのつぶつぶ感、たまりません〜〜。

 

大使やみなさま勢ぞろい〜。

 

トルコ産のドライフルーツやナッツ。

 

プレゼンもありました

 

品質向上

 

小麦やブルグル、穀類について

 

トルコはハーブも豊富〜

 

日本への輸出についてパッケージの確かさの説明もあり、なるほどね〜

確かにどんな立派な内容でも壊れたり劣化したらだめですものね〜。

 

日本とトルコ!食文化でもなかよくしましょう〜

 

 

クックパッドでトルコ料理のレシピも

 

 

いよいよカクテルパーティタイム〜

トルコと言えばやはり「ラム」です。

うつくしいラムの断面〜〜

 

ナッツやソースがおいしそう〜〜

 

エーゲ海にはタコもいるんですね〜〜^^

 

こちらはキヌア。

 

日本×トルコなかよしディナーです。

奥田政行シェフと一緒に〜♪
トルコ産オリーブオイルとオレンジ持ってます。

シェフアルケッチャーノ最初に取材に行ったのは、なんと今から10年前〜!

「畜産特産ごちそう産」という番組でした。

そのときのことを話すとシェフは、へんな番組のタイトルだったとしっかり

おぼえてくだささいましたー!

山形県鶴岡のレストラン「アルケッチャーノ」へ行ってきた!

(シェフめっちゃ若いですよ〜)

奥田シェフはそのときもやはり、

料理の中の食材の合わせ方は3つが基本。

キャンディーズの法則だとお話されましたー。

ランちゃん、スーちゃん、ミキちゃんって…。

さすがに最近は伝わる人が少なくなってきたかもしれませんね〜〜。

 

食材、野菜(植物)の形状や味、成分には、そうなる種の保存の知恵が組み込まれているから、

苦い野菜は火を通してなど、料理して手を加えることで人間も地球の生命の一員なんだという考え方はすごく共感しましたーーー。


ドライフルーツのデコレーションすてきでした〜〜

 

パスタも様々〜〜〜

 

トルコはローリエも豊富!レンズ豆も。

 

セージやアプリコットほか果物も

 

ワインも〜〜

 

奥田シェフと記念写真〜♪

一緒に農水省の国産アンバサダー(FANバサダー)を務める里井真由美さんと

食べあるキングのあまいけいきさんと

 

Discover Turkish Foods トルコの食の魅力再発見!

会場のコンラッドもすてきでした〜〜。

 

カッパドキア、イスタンブール、羊文化、ケバブぐらいで

トルコについてそんなによく知りませんでしたが、

きょうのパーティですごくトルコに親しみを感じました。

トルコ料理食べたい〜。トルコ行ってみたい〜♪

 

ベジアナ@あゆみ

白山市おもち文化と山の恵みinどんじゃら市 白山市×食べあるキング

白山市おもち文化と山の恵みinどんじゃら市 白山市×食べあるキング

よいしょ!よいしょ!

「餅つき」体験してきました。

昨日からニュースで、屋外での餅つきを都内の保健所が禁止したとして世間を騒がせておりますが、ちょうどいい機会なので、つい先日体験した「餅つき」について書きます。

 

11/19

石川県白山市、白山比咩神社の駐車場で開かれたお祭り「どんじゃら市」でのこと。

 

確か予約制だったか〜〜、お願いすれば順番につかせてもらえます。

 

杵は5キロ近くあるそうで、なかなか重いのですが〜〜〜

これを臼の中の真っ白なお餅めがけて振り下ろします。

やっぱ祭りも餅つきも、同じあほならやらなきゃ損損〜。

餅つき!楽しいーーーー^^!

 

 


合いの手がリズミカルで心地よい〜。

集ったみなさんも、よいしょ!よいしょ!もういっちょ!がんばれ!

などわあわあ言いながら楽しく盛り上がりましたー。

 

食べあるキングのフォーリンデブはっしーさんも挑戦で〜す!

 

今回は、食べあるキングの食材探求プロジェクトで白山市の海と山の美味を求めてやってきたのでした。

 

餅つき大会を開いたのは白山市の「六星」さん。

なんと、米や米の加工品・餅の輸出もしていて、アメリカ・シリコンバレーやニューヨークでも餅つきイベントを開催し、喜ばれているそうです。
なるほど〜。

お米(餅)を売りたい、食べてもらいたいなら、米・餅米にまつわる「食文化まるごと」伝えていくという方針!感動しました。

「餅」を伝えるには「餅つき」から。

この六星さんの方針に感動しました。

こうして生産者が様々に努力し工夫して、「米の消費拡大」に取り組む一方で、都内のどこかの保健所が、餅つきを禁止したという。

問題があるなら解決の方法を探るのが大人の仕事です。

リスクの可能性がある→即禁止では、考えが浅過ぎる。

 

そもそも「餅」なるものを知らないアメリカ人に「omochi」を伝えるのだから、

食味だけではなく、楽しさ、日本の伝統文化ごと伝えていこうというわけです。

「コメコミュニケーション」をコンセプトにしているそう。

さすがに「臼」は重くて運べないそうですが、杵(重さ5キロ)は、大事な道具だから持参するそう。

空港の税関で、「なんだこの巨大なハンマーは!?」

「ライスケーキを作るハンマーだ」などのやりとりがあって、どうにかこうにか持って行くという話でした〜〜。

確かに、「餅をつく」ことを知らない国の人にはハンマーにか見えませんよね〜。

 

お餅を引っ張ってまるめてきな粉にまぶしてもっちもちーー。

「おもち」って響き、かわいいですよね。

「餅」という言葉が食感を表す日本語(もっちもち、もっちり)にまでなっているのですから、日本人とお餅は切り離せません。

 

その他にもどんじゃら市で見た餅文化、米文化は〜、顔の大きさぐらいある「巨大おはぎ」ぼたもち。

 

白山ふもと会のみなさん〜

 

よもぎたっぷり練り込んだ草もち!バキサさんという不思議な響きの屋号。

馬をつなぐ場所だったそう。

 

そして白山麓といえば、なんといってもトチの実の「とちもち」

トチの実の殻をむいてアク抜きをして天日にさらして、食べられるまでに〜〜〜、

 

ゆうに2ヶ月はかかるという白山麓、日本の山村を象徴する山の恵みです。

 

これはもう10年以上前、わたしが石川テレビにいた時代、白山市(旧・白峰村)の「大トチの木」を訪ねたときの写真です。

トチの実を食べられるようにするまでに、どれほどの手間と労力がかかることか。

そうして山の暮らしを代々営んできた村の人のことを思うだけでわたしは今でも泣きたい気持ちになります。

同時に日本人すごい。という感動です。山の資源を恵みに帰る知恵と技です。

 

こちらは〜〜、10月に訪ねた京都府綾部市の水源の里。

その名も「トチの里」とよばれる集落のトチ娘〜!平均年齢90歳近く〜〜〜!
「トチもち」と「トチの実おかき」が人気になり過ぎて、こうして週に7日働くチョー現役農業女子なのです。

すごいでしょう。

 

そんな水源の里のウワサを聞きつけてやってきたのは〜〜〜〜!”#$%&’()0

 

なんと!白山市白峰のひと。

綾部市でパンフレットを見せてもらいました!

つい数日前、同じ「トチの実文化のある山あい」ということで、白峰の担当者が訪ねてきたというではありませんか。

びっくりしましたーーー。

日本の山深い集落を生き延びる貴重な恵みとして「トチ」の持つ意味は非常に重要なのです。

 

そんなわけで白山市のとちもちー!(やっと話が戻ってきましたよ)

 

心を込めていただきまーーーす。

もっちりして「トチ」独特の山の風味があってじ〜んときます〜。

 

 

そのほかどんじゃら市ではおにぎりも!

 

焼きおにぎりで〜す。

 

福むすび!

「ふぐの子(卵巣)」の糠漬けをまぶしたおむすび。

 

白山の山の恵みありがとうございまーーーす。

フォーリンデブはっしーさんが持ってるのはイワナだったかな〜)

 

食べあるキングコング in 白山市(11月19日)

メンバーは

フォーリンデブはっしーさん里井真由美さんあすかりんさんと、わたくしベジアナ小谷あゆみの4人。

リポート第1弾はどんじゃら市の山の恵みとお餅と米文化でした。

 

白山市リポートはまだまだ続きます。

 

 

ベジアナ@あゆみ

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス