ごちそう♡さがしドットコム | Just another WordPress site - Part 429
加賀野菜「源助大根」干しました。ベランダは野菜のワンダーランド

加賀野菜「源助大根」干しました。ベランダは野菜のワンダーランド

加賀野菜「源助大根」を1本まるごといただいたので、

 

切って

 

ベランダに干しました。

 

1本ぜんぶ切ったらこれだけの量になりました。
家中ありったけのざるをかき集めて〜。(昔、ホーチミンで買ったざる。)


干した翌日〜〜〜

 

干して2日後

 

立派で太い大根1本分を干してから集めるとざる1つに収まりました。

打木源助さ〜ん!ありがとう。

源助大根の地元での正式名称は、「打木源助大根」。
打木地区という地名を入れて地域みんなで盛り上げていますと、源助大根の生みの親=松本佐一郎さんのお孫さん(大根部会・部会長)はおっしゃいました。
 

水分抜けると干涸びてこんなになって、愛おしいーーー!

ああ大根がいとしくてたまんなーーーい!
自家製切り干し大根たのしみや〜〜〜♡


というわけで、遅ればせながら皆さまだいこんにちは^^

引き続き大根部活がんばりま〜す☆
ベランダは野菜のワンダーランド♡ワンダフルベランダライフ♡

 

 

ベジアナ@あゆ

 

 

NO IMAGE

カレーですよ2441(柏 ボンベイ)ジャパニーズコルマ。

松戸ですっかりおもしろくなってしまって勢いがつきました。
ここで待つのもあれだしと柏へ移動。柏とくれば。



カレーですよ。



なぜだか松戸のボンベイではなく印度という渋い店で出会ったコルマの名前のカレー。たしかにコルマの方向の味だったねえ。
それで、それがおもしろくてなんだろうなあっておもって勢いがついて。

イメージ 1

もういっちょ別のコルマでも食べてみるか、と柏にやってきました。柏にはあのお店があります。そろそろ夕方の営業時間だしちょうどいいね。
きょうは西口店は定休日。本店に行きましょう。おや、この時間ならまだ席が空いてるよ。



「ボンベイ」



そんなこんな席に着きました。18時ちょいくらいかな。お客さんはまだ一組のみ。カウンターに座ろうと思ったら店員さんがテーブル席でいいですよ、どうぞ、と勧めてくれました。いつも一人なのでテーブル席は初めて。うれしいです。空いている時間ならではです。

イメージ 2

さて。見ずてんでコルマカレー!とも思ったんですが気が向いてメニューを開きました。
えーと。あれっ、このメニュー、こんな内容だったのか。そうか、こっちにしようか。
柏ボンベイオリジナルの


「マウンテンカレー」


を注文することにしました。
鶏か牛を選んでね、といわれて牛を選びました。なんだっけ、この選択は。

うーんしかしこのメニュー、知ってはいたけど説明は見落としていたなあ。何がおもしろいってメニューに曰く「白胡麻ベースの使ったジャパニーズコルマカレー」とあるんですよ。おもしろいこと書いてあるなあ。コルマ比べをやめてこれにしてみましょう。いや、ある意味外様コルマ対決といってもいいか。大変面白いですよ。

イメージ 3

壁の安西水丸先生の色紙を眺めながらカレーを待ちます。空いててのんびりしてて、こういう空気はこのお店では初めてだなあ。ちょっとうれしいな。


さあ、カレーがやってきました。
出てきたカレー、例の舟形のステン容器にカレーソースがたっぷり入ってて、真っ白でボンベイのロゴの入るお皿にごはんがやってきて。それで、別添えでカトリに山盛り、挽肉が出てきたのです。おや、こういう構成なのか。

イメージ 4

カレーソースに入った具はじゃがいもだけ。そしてカトリに大盛りキーマ的ななにかです。さあ、どう食べようかしら。ごはんにカレーソースをかけて、そこにキーマを添えてみました。それでくずしていって混ぜ食べてみようかね。

ひと口食べるとこれがなかなか良いもの、楽しいものなのでした。

イメージ 5

イメージ 6

キーマはキーマカレーではなくて甘い牛そぼろ、といった風情です。カレーソースのほうはメニューの説明通りゴマの香り、独特の香ばしい風味が強く出ていて個性的。おお、いいねえ。けっこう辛めに仕上げてあって、そこに先ほどの牛そぼろを合わせてやるわけです。するとこれがなかなかいい。甘さから差のバランスを自分で調整しながら食べられるんですよね。なるほどこりゃ楽しいじゃないか。

個性豊かでおもしろいカレーでした。なかなかいいです。今度はそぼろ、鶏でいってみたいね。オリジナルならいつもついつい野菜マウンテンな方のボンベイカレーを選んでしまいますがマウンテンカレー、いいです。おもしろい。好きになりました。

イメージ 7

締めの酸味強いデミタスカップのコーヒーとチョコレート。これが出てくるとああ、ボンベイに来てるな、という感が強くなります。うれしいものです。

壁の安西水丸先生の色紙。柏のボンベイにはここだけの空気があるのです。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
                    (@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書カレーの本が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。     https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

NO IMAGE

フランス大使館 大使公邸で開催「ガレット・デ・ロワ」新年会へ

フランス大使館 大使公邸で開催された「ガレット・デ・ロワ」新年会へお招きいただきました(感謝でございます)フランスでは家族や友人が新年に集まってガレット・デ・ロワを囲み楽しいひとときを過ごす習慣があります。日本でもずいぶん浸透してきたように思います。 皆でガレットを切り分けて、中に隠された陶器製の小さな人形「フェーヴ」を見つけた人がその日一日、王様や王女様になるのが伝統です。 新年会では最初に「ガレット・デ・ロワ」コンテストの発表と表彰式が行われました。今年の優勝は「ダロワイヨ」持永シェフ!おめでとうございます。そして改めて、ティエリー・ダナ駐日フランス大使の御挨拶をいただきました「今年も日仏の絆をさらに強め、実り多き一年になりますように。」そして恒例の巨大ガレットの入刀式!あまりにもガレットが大きく移動はシェフが6人がかり。お待ちかね、今年のガレット親善大使の発表も!お一人はオリンピックメダリスト、柔道の野村忠宏選手です。入刀式にはコックコートを着用され、皆様で乾杯後に、いよいよ入刀です。ティエリー・ダナ大使や「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」島田進会長、野村選手、皆様で入刀。。。この大きなガレットは、今年のコンテストに優勝された持永シェフが焼かれました。後ほど全員で少しづつ切り分けていただきました。大きなものを皆で分かち合うって、親睦が深まる気がして嬉しいです。続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

石川先生

石川先生

石川先生の遺影が生田教室に帰ってきて、生田先生の隣に並びましたー(生田先生を中心に、配置は右か左か考え中の榎崎さん〜〜)

 

どんなお墓まいりより、教室詣でが、先生の弔いになるだろうし、誰より、あの時の自分を思い出すことなると思いました。

懐かしいじゃ済まされない思い出。

{07E3E229-BF27-42E3-8209-59659A221293}

 

 

 

NO IMAGE

コンビニスイーツランキング・ローソン5位

ローソン ウチカフェカヌレ150円 187kcal昨日はフジテレビ バイキング をご覧くださりありがとうございました!サイト内でも私がご紹介した ローソンスイーツ人気ランキング が掲載されています。ランキング5位のカヌレ外こんがり中しっとりローソンのランキングの中にナチュラルローソンのスイーツがランクインしていたのはこのカヌレだけ!人気の高さが伺える本格フランス郷土菓子です。おいスイーツ!続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

NO IMAGE

FIAT車のチョコ♪楽天roomでお取り寄せ♪ミニカーもついてるん♪**パリでFIA…

FIAT車のチョコ♪楽天roomでお取り寄せ♪ ミニカーもついてるん♪ ** パリでFIATに乗った思い出に、自分用(^^) #楽天room でご紹介してまーす。 ** #楽天#rakuten #楽天roomやってます #food #FIAT#チョコレート#paris #パリとわたし #foodblogger #foodstagram #webstagrum #followback #instagood#tbt#photoo続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

アナウンス学校「生田教室」の恩師 石川楊子先生のこと。

アナウンス学校「生田教室」の恩師 石川楊子先生のこと。

{C9CF96F8-357A-4E20-B30D-F3E193E09ECC}

大阪へ向かっております。

古い話だけれどわたしは大学へ5年通った。

いわゆるマスコミ就職のための留年である。

新大阪と西中島南方のあいだに、関西のテレビラジオ局では知らない人のいない「生田教室」というすごいアナウンス学校がある。

そこへ通っていた。

週に2回で確か18時から21時までの3時間の授業なのだが、例えば18時前に教室に着くと叱られるという暗黙のルールがあった。

16時には着いて発声、発音、朗読の自主トレをしてから初めて授業に臨まなければいけないのであった。

兵庫県生まれで、高知育ちのわたしは、標準語を話したことがなかった。

ベタベタの関西弁しかDNAにないにも関わらず、アナウンサーを目指してしまった。

教室へ通うのが就職試験の直前の1月だったので、受験はことごとく失敗した。

同級生が地方局へ受かったり、諦めて辞めたり、進路を決める中、

生田教室というところは、あえて就職留年してアナウンサーになる道を教えてくれた。

そうやって局に合格した先輩が過去にいたのだ。

わたしは1歳年下の後輩達と同級生になり、大学へ席だけ置いて、生田教室と心中する思いで通った。

あの頃の浪人感にはもう二度と戻りたくないけれど、自分は何者として生きるのか。

いちばん人生を真剣に考えた気もする。

ひとつ間違いなく言えるのは、

生田博巳先生と石川楊子先生がいなければ、わたしはアナウンサーとして自分の社会人人生をスタートさせることはできなかった。

生田先生亡き後も遺志を継いでずっと生田教室の魂を繋いで来てくださったのが石川楊子先生だった。

その石川先生がなくなった。

今日、吹田で告別式がある。

今日の富士山はいつもに増して美しく堂々としている。

石川楊子先生のご冥福をお祈りします。

放送とは何か常に問い続ける哲学を持ちながらそこで仕事をする職人を育てるすごい教室が大阪にありました。

本当にすごい先生方でした。

2人のすばらしい恩師に恵まれたことをどれだけどれだけ感謝してもしきれません。

先生、ありがとうございました。



ベジアナ小谷あゆみ

NO IMAGE

カレーですよ2440(松戸 カレー専門店 印度)おや、コルマというメニューが。

松戸にいました。例によってぶらりと出かけてきました。松戸にあてがあるわけではありませんが、あてのない場所にこそよく行きます。あてはないけど、あてがないからこそ知らないものに出会えて面白い。



カレーですよ。




いや、初めはね、ボンベイにでもと思ったんですよ。柏のボンベイの松戸店です。カフェ風の洒落た店で、あの味。いいよねえ。
そうは言いながら知っている店があると便利で手間がないってのがあるんだよね。が、中途半端な時間だったので考えあぐねていたんですね。ランチとディナーの狭間の16時。うーん、夕方まで待つのも大変だよなあ。おなか空いてるしなあ。

イメージ 1

それでどこかないかな、と歩いていると。おや、いい感じの雰囲気あるカレー屋があるじゃない。カレースタンドだね、この感じ。いや、もうちょっと雰囲気があるな。うーんと、どうかな。お、営業してるようです。

それではと思って近づくと。あれあれ、窓ガラスにカシミールという表記があるよ。あっ横のメニューの看板にはコルマカレーとも書いてあるぞ、これはこれは(笑)
なんだか突然足払いをかけられてすっ倒れたような気分です。これはぜひ入らなければいけないな。絶対入らねば。

イメージ 2

入ってみると、果たして実にいい雰囲気のカレースタンドです。あ、違ったな。カレースタンドというより一杯飲み屋のカレー版といった風情なんですよ。おかあさんが一人でやってらっしゃる様子。
カウンターの端には常連さんらしきおじさんがよろしくやってます。カウンターの上にはカレーはなく、チューハイのジョッキだけ。いいねえ、16時だぜ、まだ。自由だねえ。

さて注文だ。ここはひとつ、ボクが贔屓にするあの大好きな店での自分の基準としている


「コルマカレー」


を頼んでみましょうかね。
カウンターに座って眺めるでもなくテレビのニュースを眺めて。おなかの中で「クルマじゃなかったら絶対カウンターの端のおじさんと同じくチューハイかビール頼んだよな」とか考えてみたり。雰囲気ある小さな店の中をキョロキョロ見回したり。

イメージ 3

待ち時間を楽しんでいると、やってきました。コルマカレーです。

さあ、ひと口。

うむ、確かにこれはあのコルマカレーの作法で作られたものだよ。色は明るい色をしていますけどあの甘酸っぱい味や香ばしい香りは紛うことなきコルマです。うーんなるほどなるほど。いいじゃないか。おいしいじゃないか。あら~。デリーの(あ、いっちゃった)それとはまた違うんですが、経緯はわからないけど同じ血統の中にある味だというのはよくわかります。

イメージ 4

おもしろいのがメニューです。
「一般向けカレー」「インド風カレー」「パキスタン風カレー」という項目に分かれています。それぞれ

「一般向けカレー」ポーク、ビーフ、ドライ
「インド風カレー」チキン、インド、カシミール
「パキスタン風カレー」コルマ

となっていました。

イメージ 5

で、きっとインド風とパキスタン風はデリー的なアプローチなんだろうと思うんですよね。気になるのは甘口のポークと中辛のビーフ。 それとママ特製のおまかせカレー。この3つはあちらとは違うラインナップなんじゃないかな。食べてみたいなあ。なんだかこじらせてるのであっち系よりもここのお母さんのオリジナルが食べてみたい、というそんな思考になっちゃうボクです。

イメージ 6

インド、パキスタンのシリーズはレトルトパウチのカレーまで売っていて、そこら辺の経緯が気になるところです。
外見からは想像がつかないカレーが出てくるおもしろいお店です。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
                    (@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書カレーの本が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
Vineはこちら。7秒動画です。     https://vine.co/hapi3
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス