ナポリピッツァ界のレジェンド「ダ・アオキ・タッポスト」

ナポリピッツァ界のレジェンド「ダ・アオキ・タッポスト」

本日のピックアップフォトは、ナポリピッツァ界のレジェンドとして知られる青木嘉則氏の店「ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト」で食べたピッツァ・ドック(PIZZA DOC)です。ナポリや日本で開催されるピッツァ職人のコンテストや、ピッツァ関係のイベントなどで毎年のようにお会いしてましたが、お店に行くのはなんと8年ぶり。久しぶりでも感動するほど旨いナポリピッツァをいただいてきました。

Jaffaの見るだけでも美味しいインスタグラムのフォローをお願いします!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

1999年6月に開業して、今年で創業22年というナポリピッツァ界のレジェンド青木嘉則氏の店「ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト」は、西武池袋線・都営大江戸線の豊島園駅から徒歩約10分の住宅地にああります。

青木さんは日本人として初めてナポリのイスキア島にある名門「da GAETANO(ダ・ガエターノ)」で修業をしたピッツァ職人です。例えるなら日本のプロ野球から初めて本場アメリカのメジャーリーグに挑戦した野茂英雄のような人です。日本というアジアの島国から、ピッツァの本場ナポリまで修行に行く若者がほとんどいなかった時代に、真面目で優秀だった青木さんを弟子にしたことで、ナポリピッツァ界の神の手と呼ばれる巨匠GaetanoFazio師が、日本人と日本に対してとても良い印象を持ってくれて、その後多くの日本人が「ダ・ガエターノ」で修業をする道を作ってきたパイオニア的なピッツァ職人です。


店内はカウンター5席とテーブル18席の23席で、席間隔は比較的ゆったり広めにとられています。


初めにミックスサラダと海老のフリットをいただきました。

前菜を食べ終えるとピッツァの準備が始まります。

青木さんは師匠に教えられた通り、ナポリNo.1製粉メーカーCAPUTO社の小麦粉に、マニトバを配合した生地を常温で発酵させて、薪窯で焼く伝統的なナポリピッツァを作り続け、その生地があまりにも美味しいので、260gの生地がペロリと食べられてしまいます。


1枚目に作るのはPIZZA DOC(ピッツァ・ドック)です。

DOCとは、水牛のモッツァレラチーズとミニトマト、バジルのバランスが抜群のピッツァで、最高級のマルゲリータのことです。

挿入パーラの上で形を整えて薪窯に挿入します。

窯の中で約1分半ほど焼いて完成します。

生地の旨味と香りに加えて、ミルキーでコクのある水牛のモッツァレラチーズの溶かし方が絶妙。

ミニトマト、トマトソース、バジルと一緒にいただくことで最高のマルゲリータを楽しめました。


2枚目は翌日がイタリアではパスクア(復活祭:イースター)のお祝いだったので、パスクアのピッツァを焼いてくれました。チッチョリ(豚バラやホホ肉をラードで長時間煮込んでプレスしたもの)とリコッタチーズ、水牛のモッツァレラチーズ、ゆで卵、黒胡椒をトッピングしています。

挿入パーラの上で形を整えてから薪窯に投入します。

450度~500度になる高温の薪窯で1分半ほどの短時間で一気に焼きあげます。

噛み応えも肉の味わいもしっかりとしたナポリ風のチッチョリとリコッタチーズ、水牛のモッツァレラチーズ、ゆで卵、黒胡椒のバランスも良く、見た目も華やかなとても旨いナポリピッツァでした。

ピッツァの大きさが分るように持ってみました。

ちょうど後ろで青木さんもポーズをとってくれました(^_^)v。

食後にはパンナコッタとエスプレッソを頂いてランチ終了です。
現在青木さんの店は週末のディナーを中心に営業していて、平日などは閉まってることもあるので、必ず事前に電話で予約してから行きましょう!。

前回お伺いしたときは、ナポリのGaetano Fazio師がイベントで来日したときに、日本橋高島屋のイベント会場から、豊島園のお店まで、僕の車でご案内して楽しいディナーをご一緒した時です。その日から8年間経ち、僕のナポリピッツァの経験値も上がりましたが、それでも感動出来る青木さんのピッツァは、本当に素晴しいと感動したディナーになりました。

前回訪問時の感動の師弟ご対面のエピソードは下記のブログからご覧ください。

Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

毎日呟くJaffaのツイッターはコチラです

https://twitter.com/jaffaJP

★下記のランキングに参加しています!★

食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
ピッツェリア ダ・アオキ タッポスト 

Pizzeria da Aoki 'tappost'
電話:03-5999-3988

住所:東京都練馬区早宮4-37-29 ラフィット豊島園 1F
交通手段    
西武池袋線豊島園駅より徒歩約10分
都営大江戸線豊島園駅より徒歩約10分
豊島園駅から668m
営業時間:2021年4月現在テスト営業中の為要確認
定休日:2021年4月現在平日不定休なので要確認
新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
予算(口コミ集計)    
¥4,000~¥4,999 ¥4,000~¥4,999
支払い方法:カード不可
席数:23席(カウンター5席、テーブル18席)
個室:無    
全席禁煙
駐車場:無(店の斜め前にタイムズあり)
カウンター席あり
お子様連れ:子供可

オープン日:1999年6月

 ←食べあるキングメンバーで

 

NO IMAGE

高級食パン専門店「銀座に志かわ」 × 日本料理の名店「くろぎ」〜 抹茶みつ 4/23 発売!

高級食パン専門店「銀座に志かわ」が出店100店を記念し、日本料理の名店「くろぎ」とコラボ!4/23 金「抹茶みつ」発売です❗️発表会にお招き頂きました。左) 株式会社 銀座仁志川 高橋仁志 代表取締役社長右) 日本料理 くろぎ 主人 黒木純 氏まずは 「抹茶みつ」とろける動画から絶妙なとろみ。抹茶の香り良く 奥深くまろやか〜。。。「銀座に志かわ」の食パンは水にこだわり、独自のアルカリイオン水を仕込み水とされています。もちもち食感と 甘みがおいしく、その魅力は 以前私もブログに書かせて頂いてました。ミミまで むっちり柔らか、ほんのり甘い〜小麦粉はカナダ産の高級品。バター、生クリーム、ハチミツも厳選された 高級食パンです。「くろぎ」ご主人黒木純氏も、に志かわの 食パンのおいしさに惚れ込まれ、すでに お店での朝食メニューに組み込まれています。そして 「抹茶みつ」❗️このとろみと旨み!「食パンをちぎって、みつをつけて、続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

注目!荻窪に日本一のピッツァ職人の店「オカピート」が誕生!

注目!荻窪に日本一のピッツァ職人の店「オカピート」が誕生!

本日のピックアップフォトは、4月5日(月)に荻窪に誕生したばかりの「ピッツェリア・トラットリア・ダ・オカピート」で食べた「ポルケッタ・エ・フリアリエッリ」と「DOC」のメタメタ(ハーフ&ハーフ)です。オーナーシェフ岡田智至氏は、ナポリピッツァ職人の日本チャンピオンで、世界大会では三位という実力派ピッツァ職人です。ここは開店前からピッツァマニアやピッツァ職人達から注目されていた店なので、近いうちに話題の人気店になることが間違いない店ですから今から要チェックです!!。

Jaffaの見るだけでも美味しいインスタグラムのフォローをお願いします!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

2021年4月5日(月)JR中央線荻窪駅から徒歩3分の青梅街道沿いに新しいピッツェリアがOPENしました。オーナーシェフ岡田智至氏は、2015年ナポリピッツァ職人世界選手権日本大会優勝、2019年ナポリピッツァ職人世界大会スタジョーネ部門世界3位という実力派です。北千住の「アダッキオ」を開店から人気店に育て上げ、満を持して自分の店を持つことになりました。人気店になること間違いない店なので今から要チェックですよ!!

店内は縦に長く、カウンター席とテーブル席があり、とても清潔感のある店内です。

薪窯はナポリの名工「STEFANO FERRARA」氏に特注したブロンズカラーの薪窯で、煙突も日本の匠「MIYAMURA WORKS」の宮村浩樹氏にこの窯に合わせたブロンズカラーの煙突を特注しています。

岡田シェフが感銘を受け、イタリアNo.1にも選ばれたCaiazzoにある超人気ピッツェリア「Pepe in Grani」の窯と同じブロンズカラーにしてもらったそうですよ。

客席から目立つピッツァの窯の正面に大会で獲得したトロフィーなどが飾られています。

ワインリストやビールも充実していますが、日本酒好きの岡田シェフは自分の料理に合う日本酒も用意していました。今回は岡田シェフとも仲良しで、僕とはタベアルキング仲間の日本酒のスペシャリストあおい有紀さんとご一緒して、日本酒とナポリピッツァも合わせて楽しみました。

初めにサラダからただきました。

新鮮で旨い野菜をシンプルなドレッシングで味わえる旨いサラダ。

前菜盛り合わせも、僕には魚介抜きにしてくれて、自家製サルシッチャやアランチーニ、フリッタータなど美味しいものを色々盛り合わせてくれました。味わいがイタリアっぽくてかなり美味しい前菜です。

魚介ありの方には鰹のカルパッチョや牡蛎のフリットなども入っていたようです。

岡田シェフが1枚目のマリナーラから作り始めました。

生地はナポリNo.1の製粉メーカーCAPUTO社のサッコロッソをベースに、香りを引き立てる、オリジナルブレンドを、約24時間の長時間発酵させて口溶けの良い旨みのある生地を作っています。

まだまだやっと火入れを終えたばかりの窯ですから不安定なはずですが、全集中でしっかりした良いピッツァを焼いています。

見事に焼き上がりました。

焼き上がったピッツァをシェフに持ってもらいました。

生地重量は210gですが直径30cmまでしっかりと延ばしバリッと焼き上げるため、軽い口当たりでペロリと食べられる感じです。マリナーラはトマトソースとニンニク、オレガノだけのシンプルなピッツァなので、生地とトマトソースというピッツァの2本柱を確かめるのには最適な1枚です。

次の1枚はDOCをお願いしたところ、大会で優勝したときに作った自慢のピッツァとメタメタ(ハーフ&ハーフ)にしてくれました。

完成したところで岡田シェフ、あおい有紀さんも一緒に記念撮影です。

カウンター席もあるのでお一人様や2人などで訪れるときには窯前の特等席がお薦めです。

完成したピッツァがこちらです。

半分はDOC(少なめのトマトソース、水牛のモッツァレラチーズ、バジル)。

残り半分は2015年に日本大会のクラシカ部門で優勝したときに作ったオリジナルピッツァ「ポルケッタ・エ・フリアリエッリ」です。自家製のポルケッタ(ローストポーク)と、独特の苦みが旨いナポリの葉野菜フリアリエッリ、ポロ葱トリュフクリームソースという味わい深いピッツァでした。

ドルチェメニューの中で気になった「バスク風チーズケーキ」とエスプレッソでランチ終了です。

Jaffaの好きなお店だけにお渡ししている、ブログ「旨い!ナポリピッツァ」の10周年記念ステッカーも貼ってあるので、このブログを見て訪問した人はチェックしてみてください。

Da Okapito(ダ・オカピート)、これから目が離せないお店になりそうです。

最後に参考までにオープン初日のメニューを添付しておきます。

メニューは予告なく変更されるので参考程度にご覧くださいね。

Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

毎日呟くJaffaのツイッターはコチラです

https://twitter.com/jaffaJP

★下記のランキングに参加しています!★

食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m

Pizzeria Trattorìa da Okapito
ピッツェリア トラットリア ダ オカピート
電話:03‐5335‐7618

住所:東京都杉並区天沼3‐6‐2カノン武蔵ビル1F
交通手段    
JR・東京メトロ荻窪駅から徒歩3分
営業時間    
LUNCH 11:30-14:30(L.O.14:00)
DINNER 17:30-(L.O.22:30)
定休日:不定休(SNSなどで要確認)
席数:24席
個室:無
貸切:可
完全禁煙
駐車場:無(隣にコインパーキング有り)

ホームページ    
https://daokapito.wixsite.com/okapito
公式アカウント    
https://www.facebook.com/daokapito
https://www.instagram.com/pizzeriadaokapito/

オープン日:2021年4月5日

 ←食べあるキングメンバーで

NO IMAGE

粋な3段重❗️ ロイヤルパークホテルのテイクアウトアフタヌーンティーが 早くも話題‼️

ロイヤルパークホテル東京から、テイクアウトこアフタヌーンティーが開発され、すでに話題になっています。体感してきました。 確かにすごいわ!取材メディア枠 複数人で頂きました。画像は2人前人気になる理由はいくつかあれど、先にまとめて書くと、①店名に因んだ粋なボックス②テイクアウト用にメニュー開発された③高級紅茶、コーヒーは「ミカフェート」付き④利便性良し 駅直結、ドライブスルー可能です。。。。①店名「粋 iki」に合わせたかのような、なんとも粋な三段重ね!お重スタイルで流れるように開きますじゃじゃーん もともとはお重の形です。持ち運びはコンパクトに。食卓で華やかに開きますー。ホテルの象徴「天の川」シャンデリアをヒントにしたキラキラ柄の黒箱も素敵です②テイクアウト用にメニュー開発されたそもそもロイヤルパークホテルさんは、イートインのアフタヌーンティーが毎月メニューが変わりとても人気です。が❗️さらに❗️テイクアウト用にメニュー開発されました。 三段の中に、人気の8種スイーツ、2種グルメ、クロテッドクリーム付きスコーンが入っています。ロゴはホワイトショコラ。下がコーヒーカップになっていてナッツがゴロゴロ入ってます4人で分けたのですが、どれでも好きなの食べて良き、となるとつい丸いフォルムを取りがち。笑モンブランは「マツコの知らない世界」出演の際にもご紹介し、マツコさんに喜んで頂けた あの!モンブラン。ミニサイズです。ミニサイズとはいえ、中にも ちゃーんとお栗さま!入ってます。ちなみに。左がテイクアウト用、右が通常。すごい‼️同じ♡忠実なミニサイズ化に泣けるぅ〜❤️😭。。。ポークリエットと野菜のタルト。この凝りようってば、すご〜♡タルト生地の中にリエッ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』